令和元年度姉妹都市アウクスブルク市派遣アーティストの決定について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1018602 更新日 令和1年9月20日

印刷大きな文字で印刷

令和元(2019)年度姉妹都市・アウクスブルク市派遣アーティストの決定について

1 趣旨
 本市では、「尼崎版シティプロモーション推進指針」及び「尼崎市文化ビジョン」に基づき、地域文化を創造する次代の担い手を育成するとともに、まちの魅力を増進するため、若者の夢とチャレンジを応援する事業を実施しています。かねて、本市と姉妹都市提携を締結しているアウクスブルク市へ派遣する令和元年度の若手アーティストの募集を行っておりましたが、この度、派遣するアーティストが決定しましたのでお知らせいたします。派遣アーティストには、アウクスブルク市にて開催されるアートフェスティバルでの発表をしていただくほか、アウクスブルク市民との交流を行います。なお、本事業は一般財団法人山岡記念財団の支援を受けて実施します。滞在期間は、イベント期間を含む 3 週間程度を予定しています。

2 派遣アーティスト
氏名:庄 波希(しょう なみき)
1995年兵庫県宝塚市生まれ。振付家・ダンサー。
2018年大阪芸術大学舞台芸術学科卒業。
幼少の頃よりダンスを始め、在学中には《劇的ダンスGekidan》の35作品以上の演劇、ダンス作品すべて演出振付を手がける。現在は関西を拠点に振付演出家、ダンサーとして活動する。メディアとする身体によって精神と肉体の解放を行うことで、目に見えない何かを消化・吸収していく現象を魅力に感じ創作している。
2019年4月より毎月、尼崎市武庫之荘まごころ薬局と協同で心体表現メソットを提供していく活動を行っている。また、11月に開催予定の尼崎大学「まちじゅう学祭」にも講師として参加予定。

Lab30フェスティバルでは、身体表現だけでなく映像も用いて、身体とメディアの対比を図るような作品を発表予定。

3 Lab30フェスティバルの概要
期間:10月24日(木曜日)から10月27日(日曜日)
場所:カルチャーハウス abraxas(アブラクサス)
     ※元米軍の駐留所をリノベーションした文化施設
内容:展示、舞台、ワークショップなど

 

派遣者プロフィール画像

派遣者プロフィール写真2

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 政策部 文化振興担当
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:

  • 06-6489-6385
  • 06-6489-6017(国際交流)

ファクス番号:06-6489-6702
メールアドレス:

  • ama-art@city.amagasaki.hyogo.jp
  • ama-kokusai-koryu@city.amagasaki.hyogo.jp(国際交流)