重点取組地域における尼崎版観光地域づくり戦略

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1015919 更新日 平成31年3月9日

印刷大きな文字で印刷

重点取組地域における尼崎版観光地域づくり戦略

 尼崎市の観光に係る基本的な考え方や方向性を示す「尼崎版観光地域づくり推進指針」をもとに、重点取組地域(尼崎城を含む城内地区及び寺町や中央・三和商店街周辺地域)の魅力と価値を向上させ、訪日外国人旅行客を含む市内外からの観光客を呼び込み、地域経済の活性化につなげる「観光による地域の稼ぐ力の向上」の実現に向け、観光地域づくりの取組を進めるにあたっての戦略を定めました。

計画期間

2018年度(平成30年度)から2022年度(平成34年度)まで

コンセプト

AMA+zing ジョー下町

・観光地域づくりの取組を進めていくことで、地域に更なる「zing(元気、活気、熱意など)」を注入し、訪れた方々へ「amazing(驚き、素晴らしさ、感動など)」を与えられる城下町の形成を目指していきます。

・この「AMA(アマ)」+「zing(ジング)」=「AMA+zing(アメイジング)」という考え方を観光地域づくりのコンセプトに位置づけ、尼崎城を中心とする様々な地域資源をつなぎ・活用していくことで、歴史と未来を、そして尼崎と市外から訪れる人をつなぎ、まち全体にさらなる賑わいが拡がっていく「観光地域づくり」を実現していきます。

ターゲット

【国内】・関西在住の日帰り観光客

    ・なかでも特に、情報発信力の高い20~40代の女性

【海外】・市内ホテル等の外国人宿泊者

    ・関西(特に大阪)に訪れる外国人個人旅行者

観光地域づくり戦略

1.観光情報の拡大に向けた戦略

戦略1-1.各種メディアを活用した情報発信

戦略1-2.観光客自身による魅力情報拡散の促進

戦略1-3.外国人観光客に対応した情報環境の整備

戦略1-4.国内外での効果的なプロモーション

2.観光客数の拡大に向けた戦略

戦略2-1.多様な地域資源の有効活用

戦略2-2.発信力の高いコンテンツの拡充

戦略2-3.尼崎ならではの体験プログラムの提供

戦略2-4.外国人観光客に高感度な機能の拡充

3.観光消費の拡大に向けた戦略

戦略3-1.快適な周遊を促す基盤整備

戦略3-2.楽しく周遊できる環境の創出

戦略3-3.外国人観光客の消費機会の拡充

戦略3-4.外国人観光客の周遊を促すサービスの拡充

4.観光人材の拡大に向けた戦略

戦略4-1.おもてなしの意識・人材の拡充

戦略4-2.魅力向上を支える新たな人材の発掘・育成

戦略4-3.外国人観光客に対するおもてなし人材の育成

戦略4-4.外国人観光客に対するおもてなし人材の育成(再掲)

推進体制

 観光地域づくりを推進していくためには、地域一体での取組が必要不可欠であることから、一般社団法人あまがさき観光局を核として、事業者や団体、市など多様な主体が調整・連携しながらそれぞれの取組を進めていくことで、より効果的かつ効率的な取組に繋げていくこととします。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 経済部 経済活性課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:06-6489-6670
ファクス番号:06-6489-6491
メールアドレス:ama-keikatsu@city.amagasaki.hyogo.jp