埋蔵文化財の取り扱い

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1005047 更新日 平成30年11月29日

印刷大きな文字で印刷

尼崎市内で土木工事等(宅地開発・住宅建設・道路建設・河川・電源開発その他諸々の事業)を実施しようとする際には、遺跡に該当するかどうかを確認する必要があります。

埋蔵文化財の確認

 尼崎市内で土木工事・建築工事等を行う場合、その場所が周知の埋蔵文財包蔵地(遺跡)に該当するかどうかを確認する必要があります。現在、建築工事の事前協議申請書等が提出された際に市教育委員会でチェックをしていますが、具体的に土木工事等が決定される前(開発行為の企画・策定段階)から協議を行っていただければ、後の調整がスムーズに進みます。

 事業区域が概略決定した段階で、当該区域内における埋蔵文化財の所在状況について尼崎市立文化財収蔵庫に「埋蔵文化財確認依頼書」によりファクスか文化財収蔵庫窓口で照会してください。電話等口頭での照会は誤認を生じる場合がありますので、回答しておりません。

問い合わせ方法

 埋蔵文化財の所在状況については、「埋蔵文化財確認依頼書」によりファクスか文化財収蔵庫窓口でご照会下さい。電話等口頭での照会は、誤認を生じる場合がありますので、回答しておりません。
 本ホームページからダウンロードしてプリントアウトするか、文化財収蔵庫・市役所本庁中館・南館の庁内案内に「埋蔵文化財確認依頼書」を用意しておりますので、「依頼書」に必要事項を記入の上、所在地のわかる地図(住宅地図で該当する場所を明示して)と一緒に文化財収蔵庫にファクスして下さい。

 なお、文化財収蔵庫はリニューアル工事のため休館し、事務所は尼崎市南城内5番地の旧博愛幼稚園へ仮移転しています。電話番号とファクス番号に変更はありません。

問い合わせ先
尼崎市教育委員会 社会教育部
    文化財収蔵庫内 歴博・文化財担当
尼崎市南城内5番地
電話 06-4868-0362(埋蔵文化財受付専用)
ファクス 06-6489-9801
月曜から金曜日までの午前9時から午後5時30分まで
(土曜・日曜・祝休日・年末年始は休みです)

埋蔵文化財の取り扱い

 埋蔵文化財包蔵地内で土木工事等(宅地開発・住宅建設・道路建設・河川・電源開発その他諸々の事業)を実施しようとする際には、文化財保護法第93、94条により届出・通知が義務付けられています。
 また、尼崎市文化財保護条例に基づく届出をお願いする場合もあります。詳しくは下記の「尼崎市埋蔵文化財取り扱い手引き」をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

尼崎市教育委員会事務局 社会教育部 歴博・文化財担当
〒660-0825 兵庫県尼崎市南城内5番地 尼崎市立文化財収蔵庫仮事務所
電話番号:06-6489-9801、06-4868-0362(埋蔵文化財専用)
ファクス番号:06-6489-9801
メールアドレス:ama-rekihakubunka@city.amagasaki.hyogo.jp