救急の日及び救急医療週間

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1002989 更新日 平成30年9月3日

印刷大きな文字で印刷

あなたのチャレンジが命をつなぐ

9月9日は救急の日

救急の日 平成30年9月9日(日曜日)

救急医療週間 平成30年9月9日(日曜日)から9月15日(土曜日)

 

救命の連鎖

救命の連鎖
鎖の1つめの輪:心停止の予防、2つめの輪:心停止の早期認識と通報、3つめの輪:一次救命処置(心肺蘇生とAED)、4つめの輪:二次救命処置と心拍再開後の集中治療

 突然起る病気やケガ。このような時、医療機関に行くまでに、家庭や職場でできる手当を応急手当といいます。病気やケガの中には、意識がなくなったり、呼吸・心臓が止まってしまったり、若しくはこれに近い状態になるものがあります。

 このようなときに行う胸骨圧迫及び人工呼吸を心肺蘇生といいます。傷病者を救命するために大切な心肺蘇生、AEDを用いた電気ショックによる除細動は倒れた人の救命率を高めるためには重要です。心肺蘇生やAEDは、特別な資格がなくても行うことができます。

もしもの時に、身近な人を助けるための応急手当の方法を身につけましょう。

尼崎市の救急事情

 平成29年中に市内の救急車が出動した件数は29,937件でした。平成28年中と比べて1,212件増加しています。

 救急出動件数は年々増加傾向にあり、救急出動対応が遅れる恐れがあります。傷病者への対応が遅くなると、救える命が救えない危険性が出てきます。

ほんの少しの心がけで防げる病気やケガがあります

 救急搬送した方の約半数は診療の結果、入院を必要としない軽症となっています。

 実際に救急搬送された方の中には、「もう少し注意していれば…」「事前に対策しておけば…」未然に病気やケガ等を防げたかも知れないものがあります。

 よくある事故等について確認し、日頃から注意しましょう!

このページに関するお問い合わせ

消防局 救急課
〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目6番75号 尼崎市防災センター4階
電話番号:06-6481-3966
ファクス番号:06-6483-5023
メールアドレス:ama-syou-bousai-99@city.amagasaki.hyogo.jp