無煙ロースターからの火災を防ぐために

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1009126 更新日 平成30年3月16日

印刷大きな文字で印刷

無煙ロースターからの火災が増加しています。

無煙ロースター火災に御注意ください。

排気ファン
焼きした排気ファン

 近年、焼肉店では、余分な煙が出ない、衣服等に匂いが付きにくい、店内もきれいに保たれる等の理由から無煙ロースターを設置しているところが増えています。そのような状況の中、無煙ロースターから出火する火災が全国的に増加しています。

火災の主な原因

 原因の多くが無煙ロースターの排気ダクト内に火の付いた肉片等が吸い込まれることにより、ダクト内に堆積していた油脂等に火が付き、火災に至っています。
 ダクト内で火災が発生すると、被害が壁や床等の広範囲に広がる可能性もありますので、火災予防対策に万全を期してください。

火災予防対策

  • 日常的にロースターの清掃を実施してください。
  • 排気ダクト内は、定期的にメーカー等に点検・清掃を依頼してください。
  • 排気ダクトは、木材等の可燃性部分との間隔を10センチメートル以上に保つか、不燃材料で被覆する必要があります。
  • 無煙ロースターを設置する場合は事前に所轄消防署に相談ください。
  • 従業員等に対する防火管理上必要な教育を行ってください。
  • 定期的に自衛消防訓練を実施してください。

このページに関するお問い合わせ

消防局 予防課
〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目6番75号 尼崎市防災センター4階
電話番号:

  • 06-6481-3964(予防担当)
  • 06-6481-3965(危険物担当)・(査察担当)

ファクス番号:06-6483-5022
メールアドレス:ama-syou-yobou@city.amagasaki.hyogo.jp