移動タンク貯蔵所等の立入検査を実施しました。

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1002363 更新日 令和1年7月3日

印刷大きな文字で印刷

立入検査実施

尼崎市では、令和元年6月26日(水曜日)、尼崎市消防局職員、兵庫県職員及び尼崎南警察署員と共に移動タンク貯蔵所等の立入検査を実施しました。

立入検査では、移動タンク貯蔵所(一般的に「タンクローリー」と呼ばれているもの)の構造、設備等の基準及び危険物の貯蔵の基準、並びに危険物運搬車両の運搬容器、積載方法及び運搬方法の基準が満たされているかどうかを消防職員が確認します。

私たちの生活になくてはならないガソリンや軽油などの危険物を大量に積載し走行するため、ひとたび事故が発生すると大きな被害を引き起こすおそれがあります。
運転手の皆様をはじめ、危険物を取り扱う皆様の日々の努力により、事故は未然に防止されています。

移動タンク貯蔵所立入検査

移動タンク貯蔵所等検査状況

事故事例

東京都目黒区柿の木坂

昭和60年5月6日、ガソリン16,000リットル、軽油4,000リットルを積載したタンクローリーが交差点内で横転し、出火、さらに、漏えいしたガソリンに着火炎上し、付近の建物にも延焼した。また、下水道内に流入したガソリンにも着火し、マンホールから炎が噴出した。

東京都板橋区熊野町

平成20年8月3日、首都高速の熊野町ジャンクション付近にて、ガソリンと軽油を積載したタンクローリーが運転を誤り横転した。横転時の衝撃火花が漏えいしたガソリンと軽油に着火し、車両が炎上した。
また、この炎により高速道路の側壁などが使用不能となった。

尼崎市

平成25年12月17日、タンクローリーの玉突き事故が発生した。危険物の漏えい、火災等には至らなかったが、場合によっては、大きな被害につながる可能性があった。

このページに関するお問い合わせ

消防局 予防課
〒660-0881 兵庫県尼崎市昭和通2丁目6番75号 尼崎市防災センター4階
電話番号:

  • 06-6481-3964(予防担当)
  • 06-6481-3965(危険物担当)・(査察担当)

ファクス番号:06-6483-5022
メールアドレス:ama-syou-yobou@city.amagasaki.hyogo.jp