引越したとき(国民年金)

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1002815 更新日 平成31年4月1日

印刷大きな文字で印刷

第1号被保険者が引越したときは次のような手続きをしてください。
(第2号・第3号被保険者が引越したときの手続きは勤務先にお問い合わせください。)

国内での引越しの場合

  • 市外から、市内に引越したら
    印鑑(本人が自署する場合は不要)、年金手帳を持参して、窓口にて住所変更の手続きをしてください。
  • 市内から、市内に引越したら
    特に手続きの必要はありません。
  • 市内から市外(国内)に引越したら
    転入先の市区町村役場にご確認ください。

海外へ、または海外からの引越しの場合

  • 海外に引越したら
    海外へ転出すると、国民年金の加入義務がなくなります。 引き続き国民年金への加入を希望される人は、任意加入の手続きが必要です。市役所窓口へお問い合わせください。
  • 海外から市内に引越したら
    国民年金への加入が必要になります。 印鑑(本人が自署する場合は不要)、年金手帳を持参して、市役所窓口にお越しください。 また、任意加入していた人も、国民年金種別変更の届出が必要ですので、市役所窓口にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

総務局 市民サービス部 国保年金課(年金担当)
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階
電話番号:06-6489-6428
ファクス番号:06-6489-6417
メールアドレス:ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp