食事バランスガイドを活用しましょう

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1003243 更新日 平成30年2月23日

印刷大きな文字で印刷

1日に「何を」「どのくらい」食べたらいいの?

 食事バランスガイドを活用し、ごはんを中心としたバランスのとれた食事を実践しましょう。

食事バランスガイドの見方と活用

写真2
食事バランスガイド

「主食」「副菜」「主菜」「牛乳・乳製品」「果物」の5つに料理を区分しています。料理区分ごとに、1回の食事で摂る標準的な量が例で示されています。1日に「どれだけ」食べるかは「つ(SV)」という単位で示され、成人が1日に摂るおおよその量を基本形としています。
下記の「適量チェック」を参考に、性・年齢・体位・活動量から自分自身が1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかを把握して、望ましい食生活の実践に活用しましょう。

適量チェックチャート

 

このページに関するお問い合わせ

健康福祉局 保健部 健康増進課(尼崎市保健所健康増進課)
〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階
電話番号:06-4869-3033
ファクス番号:06-4869-3049