建築物の解体・改修工事でアスベストが心配...

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1003842 更新日 令和1年7月30日

印刷大きな文字で印刷

 アスベストは吹付け以外にも、屋根・外壁・床など多くの建材に使われている可能性があります。

 平成18年9月1日より前に竣工した建物を解体・改修する場合は、アスベストに関する事前調査を行い、その結果について看板を掲示する必要があります。

 古い建物で、アスベストに関する調査結果の看板がないまま行われている工事を発見した場合は、環境保全課までご連絡ください。

 また、工事現場等で働いている方で、心配なことがありましたら、尼崎労働基準監督署にご相談ください。

解体・改修工事にあたって必要な届出について

 建築物の解体・改修を行う事業者の方は、工事内容によって届出が必要になりますので、ご確認ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 環境部 環境保全課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階
電話番号:06-6489-6305
ファクス番号:06-6489-6300
メールアドレス:ama-kogai@city.amagasaki.hyogo.jp