原爆被爆体験 DVD忘れてはならない夏がある 原爆を見た日

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1005266 更新日 令和1年6月27日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 講座・セミナー

このイベントは終了しました。

尼崎市原爆被害者の会による語り部事業

戦争の悲惨さ、平和の尊さを後世に伝えるため、尼崎市原爆被害者の会による語り部事業を開催します。たくさんの方の参加をお待ちしています。

開催日

令和1年7月20日(土曜日)

開催時間

午後2時 から 午後3時30分 まで

開催場所

尼崎市立中央北生涯学習プラザ

内容

第1部 原爆被爆体験DVD上映「忘れてはならない夏がある」本編及び紙芝居
第2部 尼崎市原爆被害者の会によるお話

申込

7月4日から公益社団法人尼崎人権啓発協会へ電話(06-6489-6815)
またはファクス(06-6489-6818)でお申し込みください。

費用
入場無料
募集人数
先着50人(要申込み)

原爆被爆体験DVDちらし画像

広島、長崎で原子爆弾に被爆し、現在は尼崎市で暮らす被爆者たちで構成する「尼崎市原爆被害者の会」の皆さんは、市内の小学校等で語り部活動を行っておられます。
しかし、終戦から70年が経過し、語り部のできる人が年々少なくなっていました。
そこで、その体験と平和への思いを継承するため、「平和への願い継承事業実行委員会」を立ち上げて被爆体験の映像化を進め、趣旨に賛同されたたくさんの方々の協賛のもと、DVD「忘れられない夏がある 原爆を見た日」が完成しました。

DVDは、公益社団法人尼崎人権啓発協会で貸出をしています。どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先 公益社団法人尼崎人権啓発協会 電話:06-6489-6815

また、「尼崎市原爆被害者の会」の皆さんの手によって、広島でDVDの寄贈が行われました。その様子は中国新聞に掲載され、同社のウェブサイトでも紹介されています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

総合政策局 協働部 ダイバーシティ推進課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階
電話番号:06-6489-6658
ファクス番号:06-6489-6661
メールアドレス:

  • ama-jinken@city.amagasaki.hyogo.jp
  • ama-danjo@city.amagasaki.hyogo.jp