平成30年度 「1.17は忘れない」地域防災訓練

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1015040 更新日 平成30年12月29日

印刷大きな文字で印刷

平成31年1月17日に「1・17は忘れない」地域防災訓練を実施します

写真1
「1.17は忘れない」地域防災訓練

 平成31年1月17日(木曜日)、午後1時20分から、中央地区の竹谷小学校をメイン会場に、小田地区は下坂部小学校、大庄地区は浜田小学校、立花地区は立花小学校、武庫地区は武庫小学校、園田地区は小園小学校 を地区会場として「1・17は忘れない」地域防災訓練を実施します。なお、訓練の一環として、午前10時から午後6時まで、大規模災害発生時に市ホームページへのアクセスが集中した場合でも災害に関する情報を確実に発信できることに加え災害情報へ容易にアクセスできるよう、トップページを災害用トップページに切り替える訓練を実施します。

 また、災害初期行動訓練として、緊急速報メールを利用した「ひとり一人がはじメール」エリアメール(緊急速報メール)一斉配信訓練も併せて行います。

訓練の目的及び概要

 阪神・淡路大震災の経験と教訓を継承し、市民一人ひとりが大震災を忘れず、将来の災害への備えの充実を図り、「ひょうご安全の日」である1月17日を中心として1月中の減災月間に地震災害をはじめとした危機管理事象への対応の向上を図るため、地域等における自主防災組織、社会福祉協議会などの地域住民と学校が連携した防災訓練を実施します。
 また、市内のスマートフォンや携帯電話に対してエリアメール(緊急速報メール)を配信し、災害発生時の初期行動を考えてもらうための「きっかけ」を作り、市民の自助意識の高揚を図ります。

実施日時

 平成31年1月17日(木曜日) 午後1時20分~午後3時20分(小雨決行)

実施場所

  1. メイン会場
    中央地区   竹谷小学校
  2. 地区会場
    小田地区  下坂部小学校 
    大庄地区  浜田小学校
    立花地区  立花小学校
    武庫地区  武庫小学校                                                          園田地区  小園小学校
  3. その他の会場
    市内の残り小・中学校及び特別支援学校 53校
    (一部、実施日時が異なる会場があります)

訓練想定

 平成31年1月17日午後1時20分、紀伊半島沖の海底を震源とするマグニチュード9.1の海溝型地震(南海トラフ巨大地震)が発生した。このため本市においては震度6強の地震にみまわれ、大津波警報が発表された。また、地震発生後約117分で津波の第1波が尼崎港へ到達する見込み。最高津波高は約4mに達する予測であり、市域に浸水の恐れがある。

お知らせ

 訓練当日の午後1時23分頃、市内36ヶ所の防災行政無線の屋外拡声器や戸別受信機から災害時の避難合図と同じサイレンや音声を流します。
 本当の災害と間違わないようにご注意願います。

このページに関するお問い合わせ

危機管理安全局 危機管理安全部 災害対策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階
電話番号:06-6489-6165
ファクス番号:06-6489-6166
メールアドレス:ama-bousai@city.amagasaki.hyogo.jp