屋外拡声器の役割や設置場所

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1013147 更新日 令和1年5月28日

印刷大きな文字で印刷

屋外拡声器とは

屋外拡声器

市内で災害などが発生した場合や発生の恐れがある場合に、すぐ市民の皆様に正確な防災情報をお伝えするための情報伝達手段の一つです。

屋外拡声器は市内の河川沿いや臨海部を中心に40カ所設置しています。

放送する情報

  • 防災に関する気象予・警報等に関する情報(大津波警報、津波警報、特別警報、緊急地震速報(推定震度4以上)等)
  • 避難に関する情報(避難準備・高齢者等避難開始、避難勧告、避難指示(緊急))
  • 国民保護に関する情報(武力攻撃、テロ等)
  • 試験放送

実際に放送が流れたら

身を守る行動を第一に落ち着いて行動することが大切です。
テレビやラジオ、インターネットなどを通じて情報収集に努めてください。また、市から発信する防災情報に注意してください。

屋外拡声器位置図

このページに関するお問い合わせ

危機管理安全局 危機管理安全部 災害対策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階
電話番号:06-6489-6165
ファクス番号:06-6489-6166
メールアドレス:ama-bousai@city.amagasaki.hyogo.jp