阪神・淡路大震災20年事業

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1002203 更新日 平成30年2月23日

印刷大きな文字で印刷

阪神・淡路大震災20年事業について

 平成26年度は、平成7年1月17日に発生した阪神・淡路大震災から20年となります。
 この20年を機に、阪神・淡路大震災の経験と教訓を忘れることなく地域や世代を超えて伝え続けるとともに、南海トラフ巨大地震など次なる大災害に備えて一人ひとりの防災意識の向上のために、市民の皆さんと市が協働して阪神・淡路大震災20年事業を推進することとしました。

事業の期間
 平成26年4月1日から平成27年3月31日

事業の内容

  1. 阪神・淡路大震災の教訓を忘れることなく、地域や世代を超えて伝え続ける事業
  2. 南海トラフ巨大地震など次なる大災害に備える事業
  3. 阪神・淡路大震災からの復興の成果等を活かす事業

事業一覧

(注意)有料講座のため、オ-プン講座ではありません。

  事業名 主催者 実施予定 実施場所 事業内容
(実施済み、実施予定含む)
1 尼崎市防災フォーラム2014 尼崎市 防災対策課 平成26年11月7日 尼崎市総合文化センター あましんアルカイックホール・オクト 学識経験者による基調講演、尼崎市、宮城県気仙沼市における震災を経験し、現在も防災活動に携わっている方のパネルディスカッション等を実施
2

介護セミナー がんばらない介護生活      ~命・絆・介護・震災復興を考える~

尼崎市社会福祉協議会 平成26年12月5日 尼崎市総合文化センター あましんアルカイックホール・オクト 鎌田實氏による特別講演や阪神・淡路大震災当時の各種取組をパネルディスカッション等で紹介
3 1.17は忘れない
地域防災訓練
尼崎市、尼崎市教育委員会 平成27年1月16日 市内各小・中学校 地域住民と学校が連携した防災訓練を実施
4 震災追悼行事 琴ノ浦・城内高等学校生徒指導部・生徒会 平成27年1月16日 琴ノ浦・城内高等学校 
体育館・グラウンド
  • 講演会
  • メッセージを書いたローソクの点灯
5 市報あまがさき1月号
(特集記事)
尼崎市
魅力発信・報道担当
平成27年1月 --- 市報1月号にて、震災20年特集記事の掲載(予定)
6 尼崎・災害の歴史展 尼崎市教育委員会 平成27年1月10日~3月1日 尼崎市立文化財収蔵庫  尼崎の災害の歴史に関する資料を展示
同展会期中に、尼崎の災害の歴史等を紹介する講座も開催する。
7 巡回パネル展
震災と文化財
「震災と文化財の保護」事業実行委員会 平成27年2月12日~2月20日 阪神・淡路大震災で被災した文化財の被災状況と復興の道のりをパネルで紹介
8 未来へ伝える女性たちの復興支援 主催:「防災・減災、復興に女性の力を」実行委員会
共催:尼崎市女性センター・トレピエ
平成26年12月7日 尼崎市女性センター・トレピエ 阪神・淡路大震災20年事業として、「未来へ伝える 女性たちの復興支援」と題したシンポジウムを開催
9 ピースアクション 主催:上ノ島福祉協会
後援:尼崎市
協力:NPO法人まいどいんあまがさき NPO法人やさしあ NPO法人やじろべえ 部落解放同盟上の島支部 
平成27年1月11日 さんさんタウン
スカイコム広場
これまでに阪神・淡路大震災キャンドルアートなどを実施している中、20年事業を検討する。
10 広報誌「生き・活き」 尼崎市立上ノ島総合センター 平成27年1月 南塚口町8丁目を中心とした配布エリア 広報誌コラムの人権コーナーに阪神・淡路大震災関連記事を掲載予定。
11 震災から学ぶ 未来への歩み 尼崎市立上ノ島総合センター 平成27年3月11日 尼崎市立上ノ島総合センター 東日本大震災に関する講演会やパネル展示に並行して、阪神・淡路大震災20周年を検討する。
12 災害復興支援 和太鼓チャリティーコンサート 太鼓の力in関西 (公財)尼崎市総合文化センター     太鼓の力関西実行委員会 平成27年1月11日 尼崎市総合文化センター あましんアルカイックホール 和太鼓を中心としたチャリティーコンサートを実施
13 中央市民大学(教養講座)
「コミュニティ-防災力を高める~地震・津波などの災害に向けて~」
中央公民館 平成27年1月14日 中央公民館
  • 市民大学(教養講座)
    各地域の特色を生かした内容を設定し、幅広い分野の学習を実施している中で、年間講座のひとつとして、防災・減災をテーマとした学習を行う。
    (注意)有料講座のため、オ-プン講座ではありません。 
14 小田市民大学(教養講座)
「防災とコミュニテイ-~人と人とのつながりを紡ぎ出す安全・安心~」
小田公民館 平成26年6月18日 小田公民館   (注意)
15 立花市民大学(教養講座)
「現代的課題(防災・街づくり)まるごと地域防災」
立花公民館 平成26年5月23日 立花公民館  (注意)
16 園田市民大学(教養講座)
「忘れてはいけないこと ~震災を振り返って~ 忍び寄るアスベストの恐怖 園田はどうか?」
園田公民館 平成27年1月13日 園田公民館  (注意)
17 防災カフェ 大庄公民館 平成26年10月26日、11月23日、12月14日 大庄公民館

地域住民の防災意識の向上と災害時に寄与する関係性(つながり)の創出を図る
10月26日

  • 午前の部
    講義「食と防災を考える」
  • 午後の部
    講義「自然災害と損害保険~あなたの保険はどうなっている?!

11月23日

  • 午前の部
    実習「家庭でできる保存食」     
  • 午後の部
    歌唱と講義「東日本大震災・被災地が教えてくれたこと~カウンセラーが観て・聴いた3年の報告~」

12月14日

  • 午前の部
    実習「おいしい炊き出しを考えよう」   
  • 午後の部
    講義「高齢者の防災を考える」

※参加定員の欄はありませんが。この講座は定員30人で、12月分は応募可能です。

18 じんけんスタディツアー事業
「災害時における人権」
尼崎市 人権課 平成27年1月13日 中央公民館

地域住民の防災意識の向上と災害時に寄与する関係性(つながり)の創出を図る。
2部構成として実施する。

  • 第1部 歌とピアノ演奏
    「震災復興を願い被災者の追悼を祈って」
  • 第2部 講演会
    「災害時における人権」   
19 阪神・淡路大震災20年企画「防災・減災」フォーラム~阪神・淡路大震災の教訓を未来につなぐ~

NPO法人シンフォニー
兵庫県阪神南県民センター

平成26年12月21日 尼崎市中小企業センター
1階 大ホール
「阪神・淡路大震災と東日本大震災の教訓と災害に強い地域づくり」と題した学識経験者による基調講演や地域で防災活動に尽力する自主防災会等からの活動発表を実施

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

危機管理安全局 危機管理安全部 災害対策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階
電話番号:06-6489-6165
ファクス番号:06-6489-6166
メールアドレス:ama-bousai@city.amagasaki.hyogo.jp