東日本大震災に係る本市の支援体制について

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1002312 更新日 平成30年2月23日

印刷大きな文字で印刷

平成23年4月4日

(1)被災地支援に関する基本的な方向性

今回の震災に当たって、関西広域連合の兵庫県からの要請を受けながら被災地の救援を行ってきたところで
あるが、特に気仙沼市への支援を続ける中で、持続的な支援が当該被災地との信頼関係の醸成、
長期的視点にたった被災者の需要把握といった観点から、より有効なものとなるとの認識を得た。
こうしたことから、本市としては、今後、原則として気仙沼市に対して長期的継続的な支援を行う。

(2)市長の訪問及び職員の派遣について

上記の経緯を踏まえ、気仙沼市の被災状況の実態、行政機能の現状などを確認するため、また、気仙沼市に
対して本市の自主的な支援意思を伝えた上で支援体制を構築するために市長の訪問及び職員の派遣を実施
する。

  1. 構成
    市長、秘書室長、室長級職員、課長級職員(事務職1名、技術職2名)、課長補佐級職員
  2. 派遣時期
    平成23年4月5日(火曜日)~4月10日(日曜日) 【ただし、市長、秘書室長は4月6日までを予定】

(3)今後の対応

派遣する職員が気仙沼市の状況把握を行い、今後の支援体制を構築する。
また、現状、本市と同様に気仙沼市へ支援している他都市との協力関係を保ち、兵庫県とも連携を図っていくこととする。

以上  

平成23年3月22日

(1)基本的な考え方

尼崎市における東北地方太平洋沖地震にかかる被災地支援は、次の3点を基本的な考え方として実施します。

  1. 支援にあたっては阪神・淡路大震災の経験と教訓を踏まえ、被災地のニーズに応じた支援を円滑かつ効果的に実施します。
  2. 平成23年3月13日の「東北地方太平洋沖地震支援対策にかかる関西広域連合の緊急声明」の中で、 兵庫県は宮城県を中心に支援するとされていることから、本市は、兵庫県と連携して宮城県内の市町村を支援します。
  3. 「中核市災害相互応援協定」に基づき、中核市の内、被災程度が大きく応援要請のあった福島県いわき市、 郡山市、岩手県盛岡市を中心に支援を行います。

(2)支援項目の体系

  1. 職員派遣
    ア 緊急消防援助隊の派遣 3月11日から4月24日まで実施
    イ 応急給水の実施 3月14日から5月25日まで実施
    ウ 避難者の健康対策支援 3月19日から8月30日まで実施
    エ 避難所運営等支援 3月28日から5月8日まで実施
    オ 家屋被害認定支援 兵庫県と調整
    カ 災害廃棄物の処理支援 兵庫県と調整
    キ 災害廃棄物処理計画の策定及び手配等 3月28日から7月27日まで実施
      都市計画業務の支援方法の検討 9月5日から9月9日まで実施
      家屋解体工事に関する支援 9月5日から12月16日まで実施
    ク 応急危険度判定支援 兵庫県と調整
    ケ 応急復旧工事の支援 兵庫県と調整
    コ 下水管きょ1次調査の支援 兵庫県と調整
    サ 応急復旧(水道) 日本水道協会と調整
    シ 市町村業務全般支援 3月19日から10月29日まで実施
  2. 見舞金・義援金
    ア 見舞金の送付(青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、千葉県へ各100万円を県市長会が送金)
    イ 見舞金の送付(盛岡市、いわき市、郡山市へ各100万円を中核市市長会を通じて送金)
    ウ 義援金の送付(市議会より100万円を送金)
    エ 義援金の募集 (兵庫県義援金募集委員会)
    オ 「中央共同募金会」、「日本赤十字社」等の義援金の受付案内
  3. 救援物資
    ア 救援物資の提供(兵庫県及び中核市と連携)
  4. 避難者支援
    ア 被災者の受け入れ(市営住宅への一時入居受け入れ 10戸)  
      2月7日現在、 被災者への鍵渡し 1件
    イ 一時遠隔避難所の提供         兵庫県と調整
    ウ 被災地域生徒等の就学機会の確保等(市立小・中・高等学校)
      2月7日現在、小学校5名、中学校1名、高等学校1名
    エ 災害時要援護者対策支援(市内福祉施設等への受け入れ)  兵庫県と調整
  5. その他
    ア 救援ボランティアの派遣等、市民の被災地支援をサポートするため、尼崎市社会福祉協議会、 
      NPO関係団体等との連携  ⇒ 3月30日から4月8日まで支援物資の受付を協働で実施
    イ 市内企業の災害支援に関する相談に対応

東日本大震災復興支援・防災対策検討会議について

東日本大震災の被災地の復興を支援するとともに、東日本大震災を教訓として、本市の防災対策を検討することを目的として設置しました。

会議では

  1. 被災地の復興支援に関し、必要な事項について情報を収集・共有するとともに、復興に必要な支援策の提案、検討、協議及び決定
  2. 本市の防災対策の見直しに関して検討

を行います。

会議は、市長、副市長、教育長、理事及び各局長を構成員としています。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

危機管理安全局 危機管理安全部 災害対策課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館8階
電話番号:06-6489-6165
ファクス番号:06-6489-6166
メールアドレス:ama-bousai@city.amagasaki.hyogo.jp