カラスの被害が増えています

ツイート
シェア
LINEで送る

ページ番号1004366 更新日 平成30年4月10日

印刷大きな文字で印刷

カラスの被害が増えています

からす

  毎年3月から7月ごろにかけて、市役所にカラスの相談が多く寄せられます。その相談の約半数は、カラスのよる生ゴミの散乱被害で、約4分の1が子育て時期のカラスから威嚇や攻撃などにかかるご相談です。

   カラスが増えた理由は、カラスの「エサ」となる生ごみや公園などにおけるえさやりなどにあると言われています。市民の皆さまのちょっとした注意により、被害の減少につながります。一度カラスのことを考えてみませんか。

カラスの相談窓口

1 市立公園に巣がある場合

 公園維持課 電話 6489-6531

2 カラスによるごみの散乱、カラスの死骸の回収についての相談

  業務課 (家庭ごみ案内ダイヤル 6374-9999)
3 子育て時期のカラスによる威嚇・攻撃などについての相談

 農政課 電話 6489-6542

4 市立学校に巣がある場合

 学校保健課 電話 4950-5675

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」(無料)が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(外部リンク)新しいウィンドウで開きますからダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

経済環境局 経済部 農政課
〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館5階
電話番号:06-6489-6542
ファクス番号:06-6489-6790