エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 子育て > 子どもの予防接種 > ヒトパピローマウイルス感染症(旧:子宮頸がん予防ワクチン)定期接種の接種勧奨控えについて


ここから本文です。

ヒトパピローマウイルス感染症(旧:子宮頸がん予防ワクチン)定期接種の接種勧奨控えについて

定期接種の接種勧奨控えについて

 ヒトパピローマウイルス感染症については、平成25年4月1日から、定期予防接種として実施してきましたが、平成25年6月14日に、厚生労働省からワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン接種後に見られ、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとの通知がなされました。

 つきましては、尼崎市においてもヒトパピローマウイルス感染症の定期予防接種の対象者等に対し、予防接種法第8条の規定による当該接種について、積極的な勧奨は行わないことといたします。

 なお、ヒトパピローマウイルス感染症の定期予防接種を中止するものではありませんので、接種を希望される方は、ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン接種の有効性及び安全性等について十分に説明した上で接種していただくようお願いいたします。

子宮頸がん予防ワクチンに関する相談窓口

<厚生労働省>

 感染症・予防接種相談窓口   電話:03-5276-9337

<兵庫県>

 医療、救済に関すること 電話:078-362-3226

 学校生活に関すること  電話:078-362-3789

子宮頸がん予防ワクチンの接種後に何らかの症状が生じた方について

・平成25年3月31日までに子宮頸がん予防ワクチンを接種した方

 市町村の助成により、ヒトパピローマウイルスワクチンを接種した方のうち、接種後に何らかの症状が生じ、医療機関を受診した方は、接種との関連性が認定されると、医療費・医療手当が支給される場合がありますので、お心当たりのある方は、具体的な請求方法等について、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)の救済制度相談窓口に至急お問い合わせください。

  PMDA救済制度相談窓口 電話:0120-149-931 (フリーダイヤル)

  御利用になれない場合は 電話:03-3506-9411 (有料)

・平成25年4月1日以降に子宮頸がん予防ワクチンを接種した方

 予防接種法に基づき、医療費等の給付を受けられることがあります。詳しくは尼崎市保健所地域保健担当までお問い合わせください。

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について

 各都道府県ではヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関が選定されています。子宮頸がん予防ワクチンを接種した後に、気になる症状が出たときは、まずは接種医療機関や地域の医療機関に受診していただき、当該医療機関の医師から、協力医療機関を紹介いただくいただくこととなります。

 兵庫県内では、神戸大学医学部附属病院及び兵庫県立尼崎総合医療センターが選定されています。

・協力医療機関(神戸大学医学部附属病院)への紹介方法(医療機関向け)

<問い合わせ先> 患者支援センター 地域医療推進室

                                  電話:078-382-5264 (予約問い合わせ専用)

<予約方法>    『紹介状』及び所定の『紹介予約申込み』を地域医療推進室宛に
                                  ファックスしてください。なお、紹介状は様式を問いません。

             ファックス:078-382-5265 (予約専用) 24時間受付

<注意事項>    診療科は麻酔科・ペインクリニック科及び精神科神経科
                                  (ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に
                                  係るものであると明記してください。)

・協力医療機関(兵庫県立尼崎総合医療センター)への紹介方法(医療機関向け)

<問い合わせ先> 地域医療連携センター 

             電話:06-6480-7720

<予約方法>    『紹介状』及び所定の『〈外来診察〉予約依頼票』を地域医療連携センター宛に
                                   ファックスしてください。なお、紹介状は様式を問いません。

             ファックス:06-6480-7721

<注意事項>    診療科は神経内科(ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の
                                  診療に係るものであると明記してください。)

子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について

 子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応(主として痛み、しびれ、脱力など)について被接種者とそのご家族に対して適切な医療を提供するための診療体制は以下のとおりです。

 ワクチン接種後の急性炎症が軽快せず、痛みやしびれ等の症状が持続(目安として2~4週間以内)している被接種者におかれましては、痛みセンター連絡協議会に所属する医療機関(下記添付ファイル参照)の受診をお薦めします。受診の際は、これまでの検査結果や診療内容が記載されている医療機関からの診療情報提供書をご持参ください。

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

健康福祉局 保健部 保健センター(尼崎市保健所 保健センター)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号
06-4869-3016(保健センター)
06-4869-3008(予防接種に関すること)
ファックス
06-4869-3057

このページの先頭へ

トップページへ戻る