エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 子育て > 子どもの予防接種 > ヒトパピローマウイルス感染症、Hib感染症、小児の肺炎球菌感染症の予防接種について


ここから本文です。

ヒトパピローマウイルス感染症、Hib感染症、小児の肺炎球菌感染症の予防接種について

 平成25年4月1日から子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンは定期予防接種として、無料で接種することができます。

子宮頸がん予防ワクチンはヒトパピローマウイルス感染症、ヒブワクチンはHib感染症、小児用肺炎球菌ワクチンは小児の肺炎球菌感染症と名称が変更になりました。

ヒトパピローマウイルス感染症(旧:子宮頸がん予防ワクチン)

【対象年齢】

 小学6年生から高校1年生相当の年齢の女子(標準的には、中学1年生の女子)

【接種回数】

 3回

【接種間隔】

 サーバリックス:0、1、6月後に接種

 ガーダシル:0、2、6月後に接種

 

なお、ヒトパピローマウイルス感染症の定期予防接種については、下記のページもご参照ください。

Hib感染症(旧:ヒブワクチン)

【対象年齢】

 生後2月から5歳未満

【接種回数と間隔】(注)初回接種時の月齢で接種回数が異なります。

 生後2月から7月未満

  ・初回免疫:27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上の間隔で「3回」接種

  ・追加免疫:3回目の終了後から7月以上の間隔をおいて「1回」接種

 生後7月から12月未満

  ・初回免疫:27日(医師が必要と認めた場合は20日)以上の間隔で「2回」接種

   ・追加免疫:2回目の終了後から7月以上の間隔をおいて「1回」接種

 1歳~5歳未満

  「1回」接種

小児の肺炎球菌感染症(旧:小児用肺炎球菌ワクチン)

【対象年齢】

 生後2月から5歳未満

【接種回数と間隔】(注)初回接種時の月齢で接種回数が異なります。

 生後2月から7月未満

  ・初回免疫:27日以上の間隔で「3回」接種(ただし、2回目、3回目の接種は1歳までに完了する。)

  ・追加免疫:3回目の接種後60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った日以降において「1回」接種

 生後7月から12月未満

  ・初回免疫:27日以上の間隔で「2回」接種(ただし、2回目の接種は1歳までに完了する。)

  ・追加免疫:2回目の接種後60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った日以降において「1回」接種

 1歳以上~2歳未満

  60日以上の間隔で「2回」接種

 2歳以上~5歳未満

  「1回」接種

その他

【実施場所】

  市内予防接種実施医療機関(事前にお問い合わせください。) 

【持参するもの】

  ・母子健康手帳

  ・尼崎市予防接種予診票(乳幼児用)

     (注)ヒトパピローマウイルス感染症の予診票は医療機関にあります

  ・健康保険証、乳児医療証等の住所が分かるもの

情報の発信元

健康福祉局 保健部 保健センター(尼崎市保健所 保健センター)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号
06-4869-3016(保健センター)
06-4869-3008(予防接種に関すること)
ファックス
06-4869-3057

このページの先頭へ

トップページへ戻る