エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 子育て > 子どもの安心・安全・保護 > 里親制度


ここから本文です。

里親制度

概要

保護者の家出、離婚、病気などさまざまな事情で家庭を離れて生活しなければならない子どもを、自分の家庭に引き取って、深い愛情と正しい理解をもって育ててくださる人を「里親」と言います。里親制度は児童福祉法に定められている制度です。

(注)民法上の養子縁組制度とは異なります。ただし、里親委託を経て養子縁組につながる例はあります。

里親になる要件

  • 心身ともに健全であること
  • 児童の養育についての理解や熱意、児童に対する豊かな愛情をもっていること
  • 経済的に困窮していないこと
  • 児童の養育に関して虐待等の問題がないと認められること

この他にも、法に罰せられていないことなど、いろいろな要件が必要です。また特別の研修が必要な場合もあります。

里親になるまで

里親希望者は西宮こども家庭センターに申請します。こども家庭センターでは、兵庫県知事に里親認定の依頼をします。知事は兵庫県社会福祉審議会に諮問し、その答申の結果により里親登録をします。里親登録された人には、研修や里親会での交流に参加していただき、適切と思われる子どもが見つかれば、ひきあわせを行い、その後、ホームステイなどの状況観察を経た後、里親委託を決定し、新しい親子としての生活をスタートします。

取扱窓口

西宮こども家庭センター
 電話0798-71-4670

情報の発信元

健康福祉局 福祉事務所 生活支援相談課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館2階

電話番号
06-6489-6935
ファックス
06-6489-6362

このページの先頭へ

トップページへ戻る