エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 子育て > 放課後活動(児童ホーム・こどもクラブ) > 放課後活動のQ&A


ここから本文です。

放課後活動のQ&A

放課後活動の場ってどんなところ?

児童ホームと民間児童ホーム、こどもクラブはどう違うのですか?

それぞれの事業の位置づけ(役割)や違いなどをみてみよう。

よくある質問

1,児童ホームに入所できない場合はどうすればいいの?

  ⇒民間児童ホームの利用や、こどもクラブへの参加のほかに、近隣の、定員に空きがある児童ホームへ入所することも可能です。こどもクラブでは、下校時刻まで参加でき、異年齢で遊べます。また民間児童ホームでは、他の学校の児童と交流したり、事業所独自のサービスの提供があります。それぞれの事業については上記の「どんなところ?」をご覧ください。また尼崎市社会福祉協議会が運営するファミリーサポート事業もあります。

2,延長育成ってどんなもの?

 ⇒児童ホームに入所している児童は、17時から18時までの延長利用が可能です。費用は、月額1800円(市民税額等に応じた減免制度があります)で、お迎えが必要になります。申請は、原則、前月の15日ですが、緊急で必要な場合は、児童課までご相談ください。

3,延長で18時以降も利用したいのですが、どうすればいいの?

 ⇒18時以降の利用が必要な方は、民間児童ホームやファミリーサポート事業をご利用ください。

4,夏休みだけ利用したいのですが?

 ⇒児童ホームは、学校休業日だけの募集はしていませんが、定員に空きがある児童ホームへは、随時の募集要項をご覧いただき、期日内に申請してください。民間児童ホームでは、短期の保育をしている施設もありますので、直接お問い合わせください。また、こどもクラブへの参加もできます。

5,習い事などあり、週に2・3回だけの利用が必要なのですが?

 ⇒児童ホームへの申請も可能です。また、民間の児童ホームでは短期の保育をしている施設もありますので、直接お問い合わせください。こどもクラブでも、学校の下校時間までは自由に遊ぶことができます。

6、児童ホームの利用の対象は留守家庭児童と聞いていますが、緊急で、放課後の保護ができなくなり、こどもの安全な居場所が必要になったのですが? 

 ⇒こどもクラブの利用は保護者の就労等の要件はありません。こどもクラブでは学校の下校時刻まで過ごすことができます。


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

こども青少年本部事務局 こども青少年部 児童課

〒661-0013 兵庫県尼崎市栗山町2丁目25番1号 尼崎市立青少年センター

電話番号
06-6429-3042
ファックス
06-6429-1511

このページの先頭へ

トップページへ戻る