エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 子育て > 放課後活動(児童ホーム・こどもクラブ) > 民間児童ホーム


ここから本文です。

民間児童ホーム

民間児童ホーム(民間事業者が実施する放課後児童健全育成事業)

放課後児童健全育成事業とは

放課後児童健全育成事業とは、児童福祉法第6条の3第2項の規定に基づき、保護者が労働等により昼間家庭にいない小学校に就学している児童に対し、授業の終了後に適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図るものをいいます。尼崎市は「児童ホーム」という名称で実施しています。

民間事業者が実施する放課後児童健全育成事業とは

国、都道府県、市町村以外の者が、放課後児童健全育成事業を行うときは、あらかじめ児童福祉法に基づく届出を市に行う必要があります。
なお、民間事業者が実施する放課後児童健全育成事業と、児童ホームは、条例で定める基準に沿って運営しています。
 

届出事業者一覧

施設の利用にあたっては、それぞれの施設に対して利用申込をする必要があります。詳しくは、各施設まで直接お問い合わせください。

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

こども青少年本部事務局 こども青少年部 児童課

〒661-0013 兵庫県尼崎市栗山町2丁目25番1号 尼崎市立青少年センター

電話番号
06-6429-3042
ファックス
06-6429-1511

このページの先頭へ

トップページへ戻る