エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 子育て > 児童手当 > 児童手当の現況届について


ここから本文です。

児童手当の現況届について

児童手当の現況届について

児童手当現況届の提出はお忘れなく

児童手当現況届(以下、「現況届」といいます。)は、児童手当を受給中の方が引き続き手当を受給するために必要な手続きです。 現況届の提出が必要な方については、平成29年6月7日に現況届を発送しましたので、必要事項を記入し、必要書類を添付の上、必ず6月30日(必着)までに同封の返信用封筒(切手不要)で郵送するか、直接市役所南館地下1階こども家庭支援課か各サービスセンター、大庄・立花・武庫・園田支所地域福祉担当に提出してください。

(注意)現況届の提出がない場合は、10月期(平成29年6月分以降)からの支払いが一時差止されます。なお、平成27年度の現況届が未提出の場合、平成29年10月15日付で時効消滅し、平成27年6月分以降の児童手当は支給できませんのでご注意ください。(改めて申請される場合は、新規に認定請求を行ってください)

対象

児童手当を受給中の方(出生・転入などで平成29年5月以降に申請し、6月分以降の支給となる方については、平成29年度の現況届の提出は必要ありません)
 

提出期限

平成29年6月30日(必着)
 

添付書類

次に該当する方は、現況届のほか、別途書類が必要となります。
1 厚生年金等に加入している方
 受給者(養育者)の「健康保険証(表面)のコピー」を現況届の裏面に貼り付けるか、現況届の厚生年金加入証明書欄に事業主の証明を受けてください。

2 受給者と児童が別居している方
 「別居監護申立書」と「児童のいる世帯全員の住民票(本籍・続柄が記載されたもの)の原本」。
(注意)児童が尼崎市に居住している場合は、住民票は不要です。

3 平成29年1月2日以降に尼崎市へ転入された方
 平成29年1月1日時点に居住していた市区町村発行の「平成28年度所得証明書(平成28年中の所得額・控除額・扶養親族数等の分かるもの)の原本」が必要です。
(注意)配偶者(受給者の妻または夫)が控除対象配偶者でない場合は、配偶者の「平成29年度所得証明書(平成28年中の所得額・控除額・扶養親族数等の分かるもの)の原本」も必要です。詳しくは、市役所こども家庭支援課(児童手当担当)へお尋ねください。

情報の発信元

こども青少年本部事務局 こども青少年部 こども家庭支援課(児童手当担当)

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館地下1階

電話番号
06-6375-5639(尼崎市コールセンター)

このページの先頭へ

トップページへ戻る