エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 国民健康保険 > こんなときに国民健康保険が使えます > 高額な外来診療を受ける皆さまへ


ここから本文です。

高額な外来診療を受ける皆さまへ

 高額な外来診療を受けたとき、「被保険者証」と「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」や「高齢受給者証」を提示すれば、ひと月の同一医療機関等(保険調剤薬局を含む)の窓口でのお支払いが一定の金額までとなります。

 これまでは、高額な外来診療を受けたとき、ひと月の窓口負担が自己負担限度額以上になった場合でも、一旦その金額をお支払いいただき、後日加入している健康保険から高額療養費としてお返ししていました。
 しかし、平成24年4月1日から、医療機関の窓口に限度額適用認定証を提示すればお支払が、自己負担限度額までとなります。また、保険調剤薬局、指定訪問看護事業者についても同様の取扱いを行っています。
 

必要な手続き・医療機関等の窓口で提示する書類

必要な手続き・医療機関等の窓口で提示する書類

高額な外来診療受診者

事前の手続き

医療機関等の窓口で提示するもの

  • 70歳未満の方
  • 70歳以上の非課税世帯等の方

本庁国保年金課に「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を申請してください

  • 「被保険者証」
  • 「限度額適用認定証」または「限度額適用・標準負担額減額認定証」
  • 「高齢受給者証」(70歳以上の方のみ)
  • 70歳以上75歳未満で、非課税世帯等ではない方

必要ありません

  • 「被保険者証」
  • 「高齢受給者証」

 限度額適用認定証等の交付を受けるためには申請が必要です。国民健康保険被保険者証と印鑑をお持ちになり、本庁国保年金課給付担当窓口で手続きをしてください。限度額適用認定証等の適用を受けられるのは、申請月の初日以降ですが、その前月など交付日以前に限度額を超える請求があった場合は、医療機関等にご相談ください。

(注)毎年8月に更新申請手続きが必要になりますので、更新忘れのないようご注意ください。

(注)代理の方が申請される場合は代理の方の身分証明書、印鑑もお持ちください。 


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 国保年金課(給付担当)

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階

電話番号
06-6489-6420
ファックス
06-6489-4811
Eメール
ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る