エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 国民健康保険 > 高齢受給者証・退職者医療制度 > 退職者医療制度のご利用を


ここから本文です。

退職者医療制度のご利用を

会社などを退職すると、健康保険から国民健康保険への加入に切り替えます。
これにより、医療を頻繁に必要とする年齢になった退職者が国民健康保険に加入し、国民健康保険の医療費負担は増大します。
このような医療保険制度間の格差を是正するために、退職者医療制度が設けられています。
退職者医療制度では退職被保険者本人とその被扶養者に対する医療費を、一般の被保険者とは異なり、会社等の健康保険からの交付金により賄っています。

医療保険制度の健全な運営のため、国民健康保険加入者で退職者医療制度に該当する方は必ず届出をお願いします。

※平成27年4月1日より、新規の退職被保険者(本人)の適用はありません。

 

対象者

<退職被保険者(本人)>
次の条件のすべてに当てはまる人が、退職者医療制度の被保険者(本人)として加入できます。

  1. 国民健康保険に加入している。
  2. 65歳未満で、厚生年金・共済年金などの被用者年金の加入期間が20年以上(または40歳以降に10年以上)あり、老齢厚生(退職共済)年金、老齢(退職)年金、通算老齢(退職)年金などの支給を受けることができる。(国民年金の加入期間は、算定の対象になりません。)

<被扶養者>
次の条件全てに当てはまる人が退職者医療制度の被扶養者として加入できます。

  1. 国民健康保険に加入している。
  2. 65歳未満で、退職者本人と同一世帯に属し、生計が同一であり、年間収入額(見込)が130万円未満(60歳以上の人、または一定の障害をお持ちの人は180万円未満)

届出方法

退職者医療制度に該当する人は、下記のものを持参して届出てください。該当日は年金の受給権が発生した当日からです。

(持参するもの)

  • 年金証書・裁定通知書(支給決定通知書)
  • 国民健康保険被保険者証(すでに国民健康保険に加入している場合)
    前の保険の資格喪失証明書 (新たに国民健康保険に加入する場合)

    なお、同じ世帯に一般の被保険者と退職者医療の被保険者がいる場合、届出のときは、必ず両方の保険証をお持ちください。

     

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 国保年金課(資格賦課担当)

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階

電話番号
06-6489-6423
ファックス
06-6489-4811
Eメール
ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る