エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 国民健康保険 > 国民健康保険のしくみと保険料 > 保険料を納めなかったら?


ここから本文です。

保険料を納めなかったら?

保険料を納付しなかったら、どうなるの?

  1. 市役所国保年金課から督促状が送付されます。
  2. 有効期間の短い保険証(短期証)の対象になります。
  3. 法律に基づく滞納処分として、預貯金、給与、生命保険等の財産を差し押える場合があります。

1年以上滞納すると

保険証の返還請求および資格証明書の交付

 被災などの特別の事情がないのに、納期限から1年以上保険料を滞納している世帯には、保険証を返していただき、代わりに「被保険者資格証明書」を交付します。
「被保険者資格証明書」を使って医療機関等で診療を受けた場合、診療費はいったん全額自己負担となり、あとで保険給付分の支払いを市役所窓口に申請していただくことになります。

 

1年6か月以上滞納すると

 保険給付の支払の一時差止

納期限から1年6か月以上滞納している世帯には、療養費、高額療養費、出産育児一時金等の保険給付の全部または一部の支払を一時差止めることがあります。
「資格証明書」を交付した世帯に、保険給付の支払の一時差止を行っても、なお納付しない場合には、差し止めた保険給付から滞納している保険料を控除することがあります。 


 

国民健康保険料の収納業務や口座振替加入推奨業務を一部民間委託しています

国民健康保険料に未納がある場合、「株式会社バックスグループ」の訪問員が電話・訪問・文書等で納付の呼びかけをする場合がありますので、ご承知おきくださいますようお願いします。また、保険料の口座振替のご案内をさせていただくことがあります。

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 国保年金課(収納管理・収納推進担当)

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階

電話番号
06-6489-6434
ファックス
06-6489-4811
Eメール
ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る