エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 国民健康保険 > 国民健康保険のしくみと保険料 > 非自発的失業者に対する保険料の軽減について


ここから本文です。

非自発的失業者に対する保険料の軽減について

制度の概要

平成22年4月1 日より、会社都合による解雇や倒産、雇い止めなど非自発的理由により離職された方の国民健康保険料を軽減する制度が始まりました。

 

対象となる方

平成21年3月31日以降に離職された方で、雇用保険の「特定受給資格者」(雇用保険受給資格者証の離職理由コード11、12、21、22、31、32)または「特定理由離職者」(雇用保険受給資格者証の離職理由コード23、33、34)に該当される方が対象となります。

  • 雇用保険適用外の方及び「特例受給資格者証」や「高年齢受給資格者証」が交付されている方は対象となりません

軽減の内容

対象者の方の前年の給与所得を100分の30として国民健康保険料を算定します。

  • 給与所得以外の所得及び世帯の非自発的失業者でない他の加入者所得は100分の30とされません
  • 高額療養費等の所得区分の判定についても給与所得を100分の30として算定します

 

軽減される期間

保険料の軽減期間は、離職日の翌日の属する年度から、その年度の翌年度末までとします。

平成21年3月31日から平成22年3月30日までに離職された方は、平成22年度に限り軽減します。

(例)

 離職日 減免期間

平成21年3月31日から平成22年3月30日までに離職した場合の軽減期間

平成22年4月から平成23年3月まで
平成22年3月31日から平成23年3月30日までに離職した場合の軽減期間 離職日の翌日の属する月から平成24年3月まで

 

  • 勤務先の健康保険に加入するなど国民健康保険を脱退した場合は、軽減は終了します。
  • 失業または所得激減による減免を受けている期間は重複して軽減を受けることはできません

 

手続き方法

対象となる方が軽減を受けるには、国民健康保険の加入届とは別に届出が必要となります。

雇用保険受給資格者証と国民健康保険証(既に国民健康保険に加入されている場合)をお持ちのうえ、市役所またはサービスセンターの国民健康保険窓口に届出をしてください。

  • 必ず雇用保険受給資格者証が交付されてから届出をしてください。離職票での受付はできません。
  • 雇用保険受給資格者証を紛失された方は、住所地を管轄するハローワークで再交付を受けてください。
  • 届出が遅れても軽減期間に遡って軽減を受けることができます。

 ※マイナンバー情報連携による確認は行っていませんので、従前の通り雇用保険受給者証を持参ください

情報の発信元

市民協働局 市民サービス部 国保年金課(資格賦課担当)

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁南館1階

電話番号
06-6489-6423
ファックス
06-6489-4811
Eメール
ama-kokuhonenkin@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る