エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 健康・医療 > 検診・健診・検査 > 女性特有のがん検診未受診者アンケート結果


ここから本文です。

女性特有のがん検診未受診者アンケート結果

アンケート結果報告

平成21年度女性特有のがん検診(子宮がん・乳がん)推進事業未受診者に、郵送による記述式アンケートを行いました。

  1. 調査対象  平成21年度女性特有のがん検診推進事業未受診者のうち、各対象年齢(5歳刻み)各500人を無作為抽出した計4,500人
  2. 調査期間  平成23年3月16日~平成23年3月31日
  3. 回答数    633件 回答率14.1% 、うち有効回答629件。

子宮がん検診

主な未受診理由は、次のとおりでした。  (アンケートは複数回答可。割合は回答者数を母数としています。)

  • 「忙しくて時間がないから」という理由が104件(33%)と、特に多い回答でした。
  • がん検診の情報不足による理由が71件(23%)でした。
  • 妊婦健診や職場検診などを利用して子宮がん検診を既に受診済みの方も131件(42%)ありました。

どうすれば子宮がん検診を受診しようと思いますか?との問いに対する主な回答は、次のとおりでした。

  • 「休日や夜間に受診できる」が177件(56%) でした。
  • 「一箇所で同時に複数のがん検診が受診できる」が148件(47%)でした。
  • 「ホームページなどで健診の日時、実施場所が確認できる」が95件(30%)でした。

乳がん検診

主な未受診の理由は、次のとおりでした。 (アンケートは複数回答可。割合は回答者数を母数としています。)

  • 「忙しくて時間がないから」という理由が116件(29%)、「自覚症状がないから」が78件(20%)と、特に多い回答でした。
  • がん検診の情報不足による理由が68件(17%)でした。
  • 職場検診などを利用して乳がん検診を既に受診済みの方も141件(36%)ありました。

どうすれば乳がん検診を受診しようと思いますか?との問いに対する主な回答は、次のとおりでした。

  • 「一箇所で同時に複数のがん検診が受診できる」が182件(46%)でした。
  • 「休日や夜間に受診できる」が117件(30%)でした。

取り組み

アンケート結果をふまえ、これまでと同様に

  • 「忙しいから」が未受診理由とならないように、がん検診の必要性について普及啓発を行っていきます。
  • 見やすい・わかりやすい検診実施場所一覧の作成などの情報提供の工夫を行っていきます。
  • 無料クーポン券対象未受診者の方へ、期限切れ前に無料クーポン券の利用を促す再通知(コールリコール)を行っています。

 平成24年度には、乳がん予防月間に合わせて「日曜日乳がん検診」をがん検診実施機関の協力のもと行いました。

自覚症状がなくても、定期的にがん検診を受診し、結果に応じて精密検査を速やかに受けることが、早期がんの発見につながります。
ご自分の健康のために、大切な方のために、定期的にがん検診を受診してください。

情報の発信元

健康福祉局 保健部 保健センター(尼崎市保健所 保健センター)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号
06-4869-3016(保健センター)
06-4869-3008(予防接種に関すること)
ファックス
06-4869-3057

このページの先頭へ

トップページへ戻る