エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 健康・医療 > 感染症 > 麻しん(はしか)について


ここから本文です。

麻しん(はしか)について

麻しんとは

麻しんは「はしか」とも呼ばれ、麻しんウイルスに感染することでおこる病気です。感染力が強く、免疫のない人が感染すると100%発症します。感染後、10日前後で鼻水、結膜炎、高熱がみられ、その数日後に顔面や首から全身に広がる特徴的な赤い発疹があらわれます。また、同時に肺炎や脳炎、中耳炎などの合併症が起こることもあります。近年はワクチンの2回接種がおこなわれ、麻しんに感染する方は減っていますが、免疫のない方が海外の流行地で感染する事例があります。

 

予防接種について

  • 予防接種の効果について
    麻しんの感染を予防するために最も確実な方法は、麻しんのワクチン接種をうけることです。
     麻しん含有ワクチン(主に接種されているのは麻しん風しん混合ワクチン)を接種することによって、95%以上の人が麻しんに対する免疫を獲得できるといわれています。                          
  • 麻しんにかかったことがある方
    麻しんにかかったことが確実である場合は、免疫をもっていると考えられるため予防接種は必要ありません。麻しんかどうか明らかでない場合はかかりつけ医にご相談ください。たとえかかったことがある方がワクチン接種を受けても副反応は増強しません。
  • ワクチン接種を受けた方がよい方
    定期接種(1歳児、小学校入学前1年間の幼児)の対象でない方で「麻しんにかかったことがなく、ワクチンを1回もうけたことのない方」はかかりつけの医師にご相談ください。
    医療従事者や学校関係者・保育福祉関係者など、麻しんにかかるリスクが高い方や麻しんにかかることで周りへの影響が大きい場合、麻しん流行国へ渡航する場合で、2回のワクチン接種を受けていない場合はかかりつけの医師にご相談ください。

(注) 麻しんを疑うような症状(発熱・発疹など)があれば直ちに医療機関を受診してください。医療機関の待合室で麻しんを人にうつしたりすることがないように、受診する医療機関には事前に電話で「麻しんかもしれない」と連絡を入れておくことをお勧めします。
 

麻しんワクチンに関する情報

  定期の予防接種が麻しんと風疹の混合ワクチン(MRワクチン)のため、麻しん単独のワクチンの製造は少なくなっており、風疹も予防できるMRワクチンの接種をお勧めします。MRワクチンは麻しん単独ワクチン、風しん単独ワクチンをそれぞれ接種した場合と効果や成分は同じです。
 なお、MRワクチン,麻しんワクチン、風しんワクチンは妊娠している方は接種をうけることができません。また、妊娠されてない場合であっても、接種後2ヶ月間は避妊が必要です。

関連情報

情報の発信元

健康福祉局 保健部 疾病対策課 (尼崎市保健所 疾病対策課)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号

06-4869-3053(精神保健、難病対策、他)
06-4869-3008(結核、感染症、肝炎治療、他)
ファックス

06-4869-3057(精神保健、難病対策、他)
06-4869-3049(結核、感染症、肝炎治療、他)

このページの先頭へ

トップページへ戻る