エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 健康・医療 > 感染症 > 海外へ渡航される皆さまへ


ここから本文です。

海外へ渡航される皆さまへ

海外へ渡航される皆さまへ

 海外滞在中に感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し、帰国することができるように、海外で注意すべき感染症及びその予防対策をお知らせします。

渡航前に準備しておくこと

 ・厚生労働省のホームページや検疫所のホームページ、外務省の海外安全ホームページで、渡航先の感染症の発生状況に関する最新情報を入手しましょう。

・海外渡航をする前に、これまで受けた予防接種について確認しましょう。また、国内の感染症を海外に持ち出さない、または海外の感染症を国内に持ち込まないために、国内で予防接種が推奨される疾患であって予防対策が不十分なものがあれば、予防接種を検討しましょう。

渡航中に注意すべきこと

・海外で感染症にかからないようにするため、感染症に対する正しい知識と予防方法を身につけましょう。

・渡航先にもよりますが、最も感染の可能性が高いのは、E型肝炎、A型肝炎、細菌性赤痢など、食べ物や水を介した消化器系の感染症です。生水・氷・カットフルーツの入ったものを食べることは避け、食事は十分に火の通った信頼できるものを食べましょう。

・ジカウイルス感染症やデング熱などの蚊が媒介する感染症や動物、ダニが媒介する感染症が海外で流行していることがあります。蚊・ダニに刺されないように服装に注意し(長袖の着用、素足でのサンダル履きは避けるなど)、必要があれば虫よけ剤を使うなどしましょう。

・麻しん、風しん及びポリオは、日本では減少傾向または発生していないものですが、海外で感染することがあり、注意が必要です。

・野生動物や家畜等が、狂犬病や中東呼吸器症候群(MERS)、鳥インフルエンザなどのウイルスをもっていることがあるので、動物には無暗に触らないようにしましょう。

帰国時・帰国後に体調が悪くなったら

・帰国時に発熱や咳、下痢など症状がある場合や、動物にかまれたり、蚊に刺されたりしたなどの健康上心配なことがある場合は、空港や港に設置されている検疫所にご相談ください。

・感染症には、潜伏期間が数日から1週間以上と長いものがあり、帰国後しばらくしてから症状が現れることがあります。その際は、すぐに医療機関を受診するのではなく、まずは最寄りの保健所にご相談ください。

・医療機関を受診する場合は、事前に医療機関へ電話し、海外渡航歴と症状について伝え、医療機関の指示に従って受診してください。また、受診時には渡航歴、滞在期間、現地での飲食状況や行動歴、動物との接触の有無、ワクチン接種歴などについて必ず伝えてください。

・受診方法で分からないときは、検疫所または保健所にご相談ください。

関連情報

情報の発信元

健康福祉局 保健部 疾病対策課 (尼崎市保健所 疾病対策課)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号

06-4869-3053(精神保健、難病対策、他)
06-4869-3008(結核、感染症、肝炎治療、他)
ファックス

06-4869-3057(精神保健、難病対策、他)
06-4869-3049(結核、感染症、肝炎治療、他)

このページの先頭へ

トップページへ戻る