エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 健康・医療 > 感染症 > 結核について


ここから本文です。

結核について

9月24日から9月30日は結核予防週間です

結核予防週間動画コンテンツ

結核とは

シールぼうや

結核は、結核菌によって主に肺に炎症が起こる感染症です。
結核菌を排菌している患者が、咳やくしゃみをすると結核菌の混じったしぶきが空気中に飛び散り、それを周りの人が吸い込むことによって感染します。 

症 状

結核の初期症状は、風邪によく似ています。
咳や痰、微熱、体重減少、胸痛、倦怠感などの症状が続く場合は、早めに医療機関を受診するようにしましょう。
また、高齢の方は、咳や痰などの症状が出にくいと言われていますので、原因不明の発熱や食欲不振などが続くときは、結核の疑いもあると考えて医療機関を受診するようにしましょう。 
 

感染と発病の違い

「感染」とは、吸い込んだ結核菌が肺胞に定着した状態をいいます。
結核に感染しても必ず発病するわけではありません。
感染しても発病するのは1~2割程度で、体の免疫力が結核菌を抑えきれない場合、感染してから6ヵ月から2年ほどの時間をかけてゆっくり増殖し、発病にいたります。
通常は、体の免疫力によって結核菌の増殖は抑え込まれ、いわゆる休眠状態となるため、一生発病しない方も多くいますが、感染者が高齢になったり、他の病気にかかったりして免疫力が落ちると、休眠していた結核菌が増殖を始めて結核を発病することがあります。
 
「発病」とは、結核菌が体内で増えて、病気を引き起こした状態をいいます。
発病の初期は、咳や痰の中に結核菌が出ませんが、結核の進行にともない、咳や痰の中に結核菌が排菌され、排菌量が増えると周りの人を感染させるようになります。
 

予 防

結核を予防するためには、普段から健康的な生活を心がけ、免疫力を高めておくことが大切です。
乳幼児は、免疫力が弱いため、結核菌に感染すると重症になりやすく、生命にかかわることがありますので、生後1歳までにBCG接種を受けるようにしてください。
また、成人の方(特に65歳以上の方)は、1年に1回胸部X線検査を受けるようにしてください。
 
  

尼崎市の結核の現状

シールーちゃん

尼崎市では昨年、新たに105人が結核を発病しています。
また、尼崎市の結核罹患率は、全国平均や兵庫県と比べても高い水準となっています。

結核と診断された方

結核患者を診断した医師は、直ちに保健所へ届け出ることが義務づけられています。

結核の治療

結核は、主に複数の抗結核薬を6ヶ月以上服薬することで治る病気です。
薬を飲んだり飲まなかったり、症状が消えたからといって、自分の判断で勝手に服用をやめてしまえば治りません。それどころか、菌が抵抗力をつけ、薬が効かない菌になることもあります。
決められた期間中、毎日きちんと薬を飲むことが大切です。

結核治療の医療費について

結核の治療に必要な医療費について公費負担制度があります。
詳しくは、尼崎市保健所 疾病対策課(06-4869-3008) まで
お問い合わせください。

医療機関の方

結核患者の届出について

結核は感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(以下「感染症法」という。)に定められた2類感染症です。
感染症法の第12条第1項に基づき、医師は結核患者を診断したときは、直ちに最寄りの保健所長を経由して都道府県知事に届出なければならないこととなっています。

また、感染症法第53条の11第1項の規定に基づき、結核患者が入院したとき又は入院していている結核患者が退院したときは、病院の管理者は7日以内に最寄りの保健所長に届出なければならないこととなっています。

事業所・学校・施設等の方

結核定期健康診断について

感染症法第53条の2の規定により、事業者、学校の長、矯正施設その他の施設で政令で定めるものの長は結核に係る定期の健康診断を行うこととなっています。
また、同法第53条の7の規定により、健康診断の実施者は、保健所長に報告することとなっています。

実施義務者及び対象者
1.事業者(毎年度実施)
(1)学校(専修学校及び各種学校を含み、幼稚園を除く。)において事業に従事する者
(2)病院、診療所、助産所、介護老人保健施設又は社会福祉福祉法第2条第2項第1号及び3号から6号に規定する施設において事業にに従事する者
2.学校長(入学した年度)
大学、高等学校、高等専門学校、専修学校又は各種学校(修業年限が1年未満のものを除く)の学生又は生徒
3.施設の長
(1)刑事施設(拘置所・刑務所等)に収容されている者(20歳に達する日の属する年度以降において毎年度)
(2)社会福祉施設(社会福祉法第2条第2項第1号及び第3号から第6号までに規定する施設)に入所している 者 (65歳に達する日の属する年度以降において毎年度)

検査項目
胸部エックス線検査(間接又は直接撮影)、喀痰検査(必要がある場合に実施)

報告方法
次の報告様式に記入の上、尼崎市保健所疾病対策課に提出してください。(ファックス可)

結核定期健康診断実施費補助金交付について

感染症法に基づく結核の定期の健康診断を実施する学校及び施設(国、都道府県及び市町村の設置する学校又は施設を除く。)の設置者に対し、法第60条第1項の規定に基づき補助金を交付します。

平成29年度の申請は、平成29年10月31日まで受付します。(必着)

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

健康福祉局 保健部 疾病対策課 (尼崎市保健所 疾病対策課)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号

06-4869-3053(精神保健、難病対策、他)
06-4869-3008(結核、感染症、肝炎治療、他)
ファックス

06-4869-3057(精神保健、難病対策、他)
06-4869-3049(結核、感染症、肝炎治療、他)

このページの先頭へ

トップページへ戻る