エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 健康・医療 > 医療費の助成 > 小児慢性特定疾病医療費支給事業について


ここから本文です。

小児慢性特定疾病医療費支給事業について

 平成26年5月30日、児童福祉法の一部を改正する法律が公布されました。

 それに伴い、平成27年1月1日から、新たな小児慢性特定疾病の医療費助成制度が始まりました。

 大きな変更点としては、「月額自己負担限度額の金額・算定方法の変更」や「指定医療機関・指定医の指定」、「医療費助成制度の対象疾病の拡大」が挙げられます。

 事業の詳細につきましては、ポータルサイト「小児慢性特定疾病情報センター」(外部リンク)をご覧ください。

対象者

 小児慢性特定疾病にかかっており、以下の全ての要件を満たし、厚生労働大臣が定める疾病の程度である18歳未満の児童等が対象です。ただし、18歳到達時点において本事業の対象になっており、かつ、18歳到達後も引き続き治療が必要と認められる場合には、20歳未満の者も対象とします。

  1. 慢性に経過する疾病であること
  2. 生命を長期に脅かす疾病であること
  3. 症状や治療が長期にわたって生活の質を低下させる疾病であること
  4. 長期にわたって高額な医療費の負担が続く疾病であること

対象疾病

申請方法

 申請書類をお住まいの支所地域保健担当か保健所疾病対策担当へ提出してください。受給者証の有効期間は、各窓口で申請を受け付けた日からになりますのでご注意ください。必要な書類の詳細は「小児慢性特定疾病医療費支給事業について」をご確認ください。

申請書類

指定医療機関の申請について

 平成27年1月1日以降は、医療費助成の対象となる医療機関等(病院、診療所、薬局、訪問看護事業所)は、尼崎市が指定した指定医療機関に限定されます。

 原則、指定されていない医療機関等を受診した際の医療費等については、償還払いの対象になりません。

 申請される場合は、下記の手引きを参照のうえ、指定申請書を尼崎市疾病対策担当にご提出ください。
 

指定医師について

 平成27年1月からの申請では、新制度に基づく医療意見書を記載することができるのは、都道府県知事等が指定した指定医に限定されます。

 そのため、尼崎市に勤務地がある場合は、尼崎市長が指定することとなります。

 申請される場合は、下記の手引きを参照のうえ、指定申請書を尼崎市疾病対策担当にご提出ください。

その他

小児慢性特定疾病児童の方への自立支援事業や日常生活用具給付事業については、下記のページをご覧ください。
 

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

健康福祉局保健部健康増進課(尼崎市保健所健康増進課)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号
06-4869-3053
ファックス
06-4869-3057

このページの先頭へ

トップページへ戻る