エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 健康・医療 > 医療費の助成 > 尼崎市特定不妊治療費助成事業


ここから本文です。

尼崎市特定不妊治療費助成事業

尼崎市特定不妊治療費助成事業について

尼崎市では、体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)をうけられたご夫婦(注1)に対し、経済的な負担の軽減を図るため、治療費の助成を行っています。

事業概要

事業実施主体
尼崎市
助成対象者
(1)~(3)すべてに該当している方が対象
(1)尼崎市内に住所を有し、治療開始時に法律上の婚姻をしているご夫婦
(2)特定不妊治療以外の治療法では妊娠の見込みがないか又は極めて少ないと医師に診断されていること
(3)治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満であること
受付期間
治療の終了した日の属する年度内または、治療の終了した日から3か月以内のどちらか遅い日まで
(例)
4月~12月中に治療が終了した方 → 年度内(翌年の3月末まで)に申請
1月~3月中に治療が終了した方 → 治療が終了した日から3か月以内に申請
助成内容
<助成金額について>
(1)1回の治療(注2)につき15万円を上限に助成。ただし、治療内容区分C及びFについては、7万5千円を上限に助成。
(2)初回の治療に限り30万円を上限に助成。ただし、治療内容区分C及びFについては、7万5千円を上限に助成。
(3)特定不妊治療のうち、精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術を行った場合(男性不妊治療)、(1)及び(2)のほか、1回の治療につき15万円を上限に助成。ただし、治療内容区分Cについては対象外。

治療内容区分については 関連情報「治療内容区分」をご参照ください。

<助成回数について>
初めて助成を受けた際の治療開始の初日における妻の年齢が
(1)40歳未満の方→43歳になるまでに通算6回まで
(2)40歳以上43歳未満の方→43歳になるまでに通算3回まで
所得制限
夫婦合算した前年(1月から5月までに申請する場合は前々年)の所得額が730万円未満
(詳しくは、申請受付窓口までお問い合わせください。)  
所得額の計算方法は、関連情報 「所得額の計算方法」をご確認ください。
治療実施医療機関
特定不妊治療実施医療機関として指定された医療機関(都道府県・政令指定都市・他の中核市で指定された医療機関も含みます。)厚生労働省ホームページ等で公表しています。
申請受付
申請受付、問い合わせ窓口は、尼崎市保健所健康増進課
申請書配布
地域保健担当及び尼崎市保健所健康増進課
申請関係書類
(1)尼崎市特定不妊治療費助成申請書(夫婦別々の印鑑が必要です)
(2)特定不妊治療費助成事業 世帯調書
(3)尼崎市特定不妊治療受診等証明書(領収書の原本が必要です)
(4)戸籍謄本(抄本) (初回申請時のみ)
(5)尼崎市に居住する法律上のご夫婦であることを証明する書類
  (原則として続柄が記載された住民票の写し(発行後3か月以内のもの)です。ご夫婦が世帯主でない場合、夫婦別世帯の場合、外国籍を有する場合などは他の書類が必要です)
(6)ご夫婦それぞれの所得証明書(市町村発行の住民税課税証明書)
  (収入のない方や、家族のどなたかの扶養に入っておられる方等は、市民税・県民税の申告手続きが必要です。「市民税・県民税申告書の控」をご持参下さい) 

(5)(6)は、ご本人達の同意があれば市が確認し、書類の提出を省略できる場合があります。尼崎市に転入された方については、書類の提出手続きが必要になります。詳しくは 関連情報 「申請に関する説明文」 をご確認ください。
支給方法
申請書等を審査し、承認したときには、支給決定日の翌月末に、口座振込みにより支給

(注1)卵子採取前に治療中断となった場合は、対象にはなりません。

(注2)「1回の治療」とは、採卵の準備のための投薬開始から、妊娠の確認日(妊娠の有無に限らず)又は、医師の診断によりやむを得ず治療を終了した日までのことです。

(注3)1年度とは、4月1日から翌年3月31日までです。なお、治療の終了日と申請が受理された日が年度をまたがる場合は、申請が受理された日の属する年度になります。

 

指定医療機関

武庫之荘レディースクリニック
〒661-0033 尼崎市南武庫之荘3-1-15
電話 06-6435-0488

(注)尼崎市指定医療機関である武庫之荘レディースクリニックでは、担当医師の退職にともない、平成28年6月は高度生殖医療が行えません。

他の都道府県・指定都市・中核市が指定している医療機関は、尼崎市でも指定医療機関とします。他都道府県等の指定医療機関については厚生労働省ホームページ等で確認してください。

初めて申請される方については「戸籍謄本(抄本)」が必要となります

 平成26年2月の厚生労働省から助成対象要件の「法律上の婚姻をしている夫婦である」ことの期間について、治療開始時から法律上の婚姻をしている夫婦との解釈が出されました。新規(通算1回目)の申請をされる方は、戸籍謄本(抄本)の添付が必須となります。

平成28年4月1日からの制度改正について

平成26年4月1日より一部施行していた制度改正が、平成28年4月より完全施行となりました。

それにともない、次のとおり対象範囲、助成回数が変わります。

1)43歳になるまでに治療を開始したものが助成対象となります。

2)初めて助成を受ける際の治療開始時の年齢により、助成が受けられる通算回数が変わります。

  (1)40歳未満の方→通算6回まで

  (2)40歳以上43歳未満の方→通算3回まで

(注)いずれも平成27年度までの助成回数も含むため、すでに6回または3回の助成を受けている場合、28年度以降は申請できません。

(注)年齢は、すべて妻の年齢です。 

平成26年4月1日からの制度改正について厚生労働省のリーフレット内に「通算助成回数早見表」がありますので、ご活用下さい。

兵庫県妊娠総合相談

兵庫県では、不妊の悩みから治療の方法や内容について、また、習慣性流産・不育症、男性不妊等、妊娠に関する相談窓口があります。専門知識を持つ医師や助産師がお応えします。相談は無料、秘密は厳守されます。

詳しくは、兵庫県健康福祉部健康局健康増進課へ(関連情報 外部リンク参照)

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

健康福祉局保健部健康増進課(尼崎市保健所健康増進課)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号
06-4869-3053
ファックス
06-4869-3057

このページの先頭へ

トップページへ戻る