エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 環境・緑化・公害 > 環境保全・緑の街に > グリーンビークルの普及促進 > 尼崎市燃料電池自動車(FCV)シンポジウム~あまがさきのミライをみませんか~(開催結果)


ここから本文です。

尼崎市燃料電池自動車(FCV)シンポジウム~あまがさきのミライをみませんか~(開催結果)

fuukei1

fuukei

 燃料電池自動車の普及促進や来るべき水素社会の啓発を目的とした、「尼崎市燃料電池自動車シンポジウム」を平成27年5月21日(木曜日)に開催しました。

 当シンポジウムでは、近畿経済産業局、岩谷産業株式会社及びトヨタ自動車株式会社から講師をお招きし、燃料電池自動車の仕組みや水素社会の意義などについてご講演頂きました。
 多数の方々にご参加頂きまして、ありがとうございました。

趣旨

 化石燃料の枯渇や地球温暖化問題、大気汚染の対策として、化石燃料の使用をゼロ又は大幅に減らすと共に環境負荷を低減するグリーンビークル(ハイブリッド・電気、燃料電池自動車等)の普及が重要な課題となっています。
 尼崎市は環境モデル都市として、快適で住みよい低炭素社会の実現に向け、ハイブリッドトラック・電気自動車等への導入補助や平成27年2月には電気自動車用充電設備の率先導入、同年3月には、全国的に先駆けて注目を集めているトヨタ自動車株式会社の燃料電池自動車「MIRAI」を率先導入するなど、それぞれの特徴に応じたグリーンビークルの普及を推進しているところです。
 その取組の一環として、水素・燃料電池分野の専門家を講師としてお招きし、燃料電池自動車の普及促進や来るべき水素社会の啓発を目的としたシンポジウムを開催します。

日時

 平成27年5月21日(木曜日)午後2時から午後5時

場所

 尼崎市中小企業センター1F大ホール(尼崎市昭和通2丁目6-68)

対象・定員・参加費

 対 象:水素・燃料電池分野にご興味のある方
 定 員:200名(先着順)
 参加費:無料

主催

 尼崎市

後援

 「ECO未来都市・尼崎」宣言団体

講演

 テーマ:「水素社会の実現に向けた取組の加速」
 講 師:近畿経済産業局 資源エネルギー環境部エネルギー対策課 課長補佐 
 橋本 淳 氏
  
 テーマ:「水素ステーションの現状と課題」
 講 師:岩谷産業株式会社 中央研究所 理事 
 繁森 敦 氏

 テーマ:「トヨタ自動車株式会社のFCVの取組について」
 講 師:トヨタ自動車株式会社流通企画部 地域・販売店室 地域グループ係長
 丸山 博邦 氏 

トヨタ自動車「MIRAI」展示について

MIRAI

 平成27年3月に市公用車として、導入した燃料電池自動車(トヨタ自動車株式会社「MIRAI」)を展示します。

申込方法(平成27年5月4日から受付開始します!)

 平成27年5月4日(月曜日)から受付開始します。
 定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。
 また、平成27年5月4日以前の申込については、受付できませんので、ご了承願います。
(1) 電話によるお申し込み(平日は8時30分から午後7時まで、土日祝日は午前9時から午後5時まで)
     尼崎市コールセンター 電話番号06-6375-5639

(2) FAX又はメールによるお申し込み(添付ファイル申込用紙を添付又は送付)
   尼崎市環境創造課 FAX:06-6489-6300 E-mail:ama-kankyo-sozo@city.amagasaki.hyogo.jp
 

当日の受付について

 当日の受付については、講演開始30分前(午後1時30分)から開始します。
 定員に空きがある場合は、当日受付も可能となっています。

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

経済環境局 環境部 環境創造課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階

電話番号
06-6489-6301
ファックス
06-6489-6300
Eメール
ama-kankyo-sozo@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る