エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 環境・緑化・公害 > 環境保全・緑の街に > グリーンビークルの普及促進 > 尼崎市燃料電池自動車納車式について


ここから本文です。

尼崎市燃料電池自動車納車式について

県下で初の市長公用車としてFCVを導入

 化石燃料の枯渇や地球温暖化問題、大気汚染の対策として、化石燃料の使用をゼロ又は大幅に減らすと共に環境負荷を低減するグリーンビークル(ハイブリッド・電気、燃料電池自動車等)の普及が重要な課題となっています。
 尼崎市は環境モデル都市として、快適で住みよい低炭素社会の実現に向け、ハイブリッドトラック等への導入補助や電気自動車の率先導入等、グリーンビークルの普及を推進しているところです。
 その取組の一環として、燃料電池自動車の普及を促進するため、市が燃料電池自動車(トヨタ自動車株式会社「MIRAI」)を率先導入するにあたり、日本初の商用水素ステーションである「イワタニ水素ステーション 尼崎」で納車を受けました。

MIRAI

燃料電池自動車とは

  車載の水素と空気中の酸素を反応させて、燃料電池で発電し、その電気でモーターを回転させて走る自動車です。
 走行中は、排出ガスや二酸化炭素を排出せず水しか排出しないため、究極のエコカーと言われています。
 また、1回の燃料供給にかかる時間及び航続距離はガソリン車と同等なため、利便性の高い車となっています。
 

情報の発信元

経済環境局 環境部 環境創造課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階

電話番号
06-6489-6301
ファックス
06-6489-6300
Eメール
ama-kankyo-sozo@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る