エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 環境・緑化・公害 > 都市の公害対策 > 尼崎市環境影響評価等に関する条例


ここから本文です。

尼崎市環境影響評価等に関する条例

環境影響評価制度とは

 環境影響評価(環境アセスメント)制度とは、大規模な事業を実施しようとするときに、事業者自らがあらかじめその事業が環境にどのような影響を及ぼすのかを調査・予測・評価し、その結果を公表して、住民等の意見を聴きながら環境の保全や創造について適切な配慮を行い、事業計画に環境の保全のための措置を適切に反映させるための制度です。

条例関係規定集

 尼崎市環境影響評価等に関する条例は、平成17年10月1日より全面施行されました。

適用状況

 尼崎市環境影響評価等に関する条例の適用事業は、次の1件です。

 

事業名

事業者

事業の種類

実施計画書の受理日

準備書の受理日

評価書の受理日

1

兵庫東流域下水汚泥処理事業(広域処理場2号炉更新に伴う5号炉建設)

兵庫県

下水道終末処理場の建設(下水汚泥焼却施設)

平成20年11月25日

平成23年6月13日

平成24年8月29日

 尼崎市環境影響評価制度の条例化以前、尼崎市環境影響評価指導要綱の適用事業は、次の14件です。

   (注)尼崎市環境影響評価指導要綱は、平成17年10月1日に廃止しました。

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

経済環境局 環境部 環境創造課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館9階

電話番号
06-6489-6301
ファックス
06-6489-6300
Eメール
ama-kankyo-sozo@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る