エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 尼崎で観光 > 文化ビジョンフォーラム


ここから本文です。

文化ビジョンフォーラム

尼崎市文化ビジョン策定記念「文化ビジョンフォーラム」を開催します!

文化ビジョンフォーラム

1 趣旨

平成7年3月策定の現・文化振興ビジョンに代わり、改めて本市における文化の位置づけや考え方を整理し、取組の方向性を定めるビジョンを新たに策定したことを記念し、市民・行政がともに文化の大切さを考え、文化の力を活かしたまちづくりにつなげていくための「文化ビジョンフォーラム」を開催します。
基調講演では、人気劇作家で芸術文化行政に携わられている平田オリザさんが、まちにとっての「文化」の大切さを語ります。パネルディスカッションでは、文化ビジョンの策定に関わった方々と、桂米二さんらが登壇。誰もが文化の担い手となっていく、そんなまちにどのようにしていくか、皆さんと一緒に考えます。
 

2 開催概要

(1) 日時    平成29年3月21日(火曜日) 午後3時~5時(開場2時30分)
(2) 会場    ホテル「ホップイン」アミング 2階オーク
(尼崎市潮江1-4-1 JR尼崎駅北口すぐ)
 

3 プログラム 

基調講演

劇作家・演出家 平田オリザさん「新しい広場をつくる」

パネルディスカッション

 「つなぎ、育て、生み出すために」- 誰もが文化の担い手に –
     桂米二さん(落語家・桂米朝一門による尼崎落語勉強会の世話役)
     やまぐちくにこさん(NPO法人淡路島アートセンター事務局長)
     本田佳寿美さん、細井ありささん(園田学園女子大学近松人形劇部)
     (コメンテーター)平田オリザさん
     (コーディネーター)上野征洋さん(事業構想大学院大学副学長)

 

4 開催結果 


市民・行政がともに文化の大切さを考え、文化の力を活かしたまちづくりに
つなげていくため文化ビジョンフォーラムを開催しました。

基調講演では、平田オリザさんから大学入試試験を例に、今後子ども達に求められるコミュニケーション能力や
身体的文化資本、文化による社会包摂、文化の自己決定能力などについて
お話いただきました。

パネルディスカッションでは、上野征洋さんをコーディネーターとして、
落語家の桂米二さん、NPO法人淡路島アートセンター事務局長のやまぐち
くにこさん、園田学園女子大学近松人形劇部の本田さん・細井さんより
活動のご紹介を頂きました。
また、伝統文化の表現から培われる力や表現の面白さ、若い人への期待など
も意見交換しました。

文化の担い手として活動されているパネラーのお話などから、参加者の皆さ
んに今後のまちづくりのヒントを感じていただけたのではないでしょうか。

フォーラムの詳細は関連情報の報告書をご覧ください。

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

ひと咲きまち咲き担当局 シティプロモーション推進部 シティプロモーション推進課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号本庁北館4階

電話番号
06-6489-6385
ファックス
06-6489-6793
Eメール
ama-cp-suishin@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る