エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 尼崎で観光 > 尼崎のアート発信基地!A-Lab(えーらぼ)


ここから本文です。

尼崎のアート発信基地!A-Lab(えーらぼ)

「うごくコトはオモシロイ うごくモノ うごくイロ うごくオト」を開催します!

アートラボVoL.9画像

 この度あまらぶアートラボ(A-Lab)で、「動く」をテーマに、3名のアーティストによるグループ展、A-Lab Exhibition VoL.9「うごくコトはオモシロイ うごくモノ うごくイロ うごくオト」を開催いたします。今回の展覧会は子どもも、大人も誰もが楽しめる内容です。物、色、音、光、影など、動く作品を制作している、原倫太郎さん、東田幸さん、米子匡司さんの3人が、それぞれの世界のインスタレーションを繰り広げます。
 原倫太郎さんは、部屋に張り巡らせた糸上を球体が移動する作品を展示します。球体が動く様子は、遠くから見ると、まるで球体が宙に浮いて移動しているようで、子どもも大人も、ずっと見ていたくなるような作品です。東田幸さんは、カラフルな“砂鉄”が動いた軌跡の作品を展示します。機械の動きにつられて、砂鉄が不規則に直線や円を描いている様子も、会期中に見ることができます。米子匡司さんは、電球と連動して音が鳴る装置などの音楽作品を展示します。静けさの中に耳をすませば、音、光、物が一体となって動くような感覚になります。
 
1 タイトル
     A-Lab Exhibition VoL.9  「うごくコトはオモシロイ うごくモノ うごくイロ うごくオト」
2 出展者
  原倫太郎・東田幸・米子匡司
2 会期
  平成29年8月2日(水曜日)~平成29年9月24日(日曜日)
3 休館日
  毎週火曜日
4 時間
  (平日) 午前11時~午後7時
  (土曜・日曜日・祝日) 午前10時~午後6時
5 会場 
  あまらぶアートラボ 「A-Lab」(尼崎市西長州町2-33-1)
6 入場料
  無料

  主催 尼崎市   協力 ベイ・コミュニケーションズ

【会期中のイベント 】
(アーティストトーク)
 8月19日(土曜日)午後2時半から、元維新派の役者で、パフォーマーであり、アーティストでもあるの升田学さんをゲストに迎え、原倫太郎さん、東田幸さんの3人によるトークイベントを行います。定員先着30名。当日直接会場へ。

(ワークショップ)
 8月19日(土曜日)午前10時半から  講師 原倫太郎さん
 「スチロールボールをころがそう」
自分でオリジナル発泡スチロールボールを作って、装置で転がします。定員先着10人。小学校2年生以下は保護者同伴。申し込みは電話で尼崎市役所シティプロモーション事業担当へ。定員に達し次第キャンセル待ちとなります。

(ライブパフォーマンス)
 9月23日(土曜日)午後6時から  
 米子匡司さんが自作楽器によるライブパフォーマンスをします。定員先着30名。当日直接会場へ。

 

「A-Lab Artist Gate2017」を開催します!

トークイベント案内

この度、あまらぶアートラボ「A-Lab」(えーらぼ)では、若いアーティストを応援するプロジェクトとして、新鋭アーティスト発信プロジェクト「A-Lab Artist Gate2017」を開催します。本プロジェクトは今後活躍が期待される若手アーティストによるグループ展です。今春、専門学校・大学を卒業か、大学院を修了した方を対象に、アーティストとして次のステップに羽ばたこうとしている作家をA-Labのアドバイザーに推薦いただきました。
本展覧会では、展覧会へ作品を出展するだけでなく、期間中に、アーティストトークを開催するほか、メディアへの取材対応への参加など若い作家とともに作り上げていく展覧会を目指していきます。
A-Labのコンセプトのひとつ「若い人の夢とチャレンジを応援する」を具体化するプロジェクトとして、本展覧会が本格的な作家活動の一歩となり、大きく羽ばたいてくれることを期待しています。

1 会 期
  平成29年5月27日(土曜日)~平成29年7月17日(月曜日・祝日)
2 会 場
  あまらぶアートラボ「A-Lab」(えーらぼ)(尼崎市西長洲町2-33-1)
3 開館時間
  (平日)午前11時~午後7時
  (土曜日・日曜日・祝日)午前10時~午後6時 ※火曜日休館
4 入場料
  無料
5 出展者
 ・稲垣 美侑(いながき みゆき)
【油画】東京藝術大学大学院美術研究科絵画専攻油画修了。1989年生まれ。神奈川県出身。ナント美術大学 半期交換留学。現在、東京藝術大学大学院美術研究科 博士後期課程在籍

 ・井村 一登(いむら かずと)+makership
【インスタレーション】東京藝術大学大学院先端芸術表現科修了。1990年生まれ。京都府出身。「瀬戸内国際芸術祭(竹の茶室/小豆
島)」。今回、アーティストや企業の工学分野の設計支援を行う高野慎太郎と高倉葉太によるユニット「makership」と共に制作した作品で参加

 ・木原 結花(きはら ゆいか)
【写真】大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。1995年生まれ。大阪府出身。第15回写真「1-WALL」展ファイナリスト。現在、大阪芸術大学大学院芸術制作研究科デザイン・写真領域在籍

 ・木村 友美(きむら ともみ)
【日本画】京都造形芸術大学大学院芸術研究科芸術専攻ペインティング領域修了。1992年生まれ。宮城県出身。京展入選。臥龍桜日本画大賞展入選。個展「あおの島(アートスペース虹)」(京都府)

 ・榑松 夏実(くれまつ なつみ)
【映像】京都精華大学芸術学部映像専攻卒業。1994年生まれ。静岡県出身。学外での展覧会参加は今回が初。

 ・濱口 芽(はまぐち めい)
【立体】京都市立芸術大学大学院美術研究科絵画領域油画修了。1990年生まれ。大阪府出身。個展「For me to me(京都市立芸術大小ギャラリー)」、「濱口芽個展(ギャラリースペース1916)」(広島県)、「Not Meaning but Molding(芝田町画廊)」(大阪府)

 ・吉野 滉太(よしの こうた)
【インスタレーション】京都造形芸術大学芸術学部卒業。1994年生まれ。大阪府出身。グループ展「進級制作展(ギャラリーmaronie)」(京都府)、グループ展「生々しい体温(ギャラリーart zone)」(京都府)

 

「A-Lab(えーらぼ)」とは

アートラボトップ画像

使用されていなかった旧小田公民館城北分館を、アート発信基地にリノベーション。2015年秋、あまらぶアートラボ「A-Lab(えーらぼ)としてオープンしました! 

「A- Lab」の「A」には、「アート(Art)」「尼崎(Amagasaki)」シティプロモーションのキーワードである「あまらぶ (Amalove)」の頭文字であるとともに、アルファベットの最初の文字として「始まりの場所」というメッセージを込めています。また、発音の「えー」 という音の響きから関西弁の「ええところ」「ええもの」など「良い」イメージを発信する場所となるようにという願いを込めています。

若手アーティストの発表・創作の場としての展覧会だけではなく、アーティストやアート関係者によるトークイベント、子どもたちを始めとする市民が芸術を体験できるワークショップなどを通じて、アートを通じたまちづくりの可能性を探していきたいと思います。

施設概要

アートラボ外観
アートラボ外観

所在地:尼崎市西長洲町2丁目33-1(旧小田公民館城北分館 西長洲保育所の2階です。)

 イベント開催中の開館時間:月曜日・水曜日~金曜日/午前11時~午後7時

                  土曜日・日曜日・祝日/午前10時~午後6時 (火曜日は休館)

 (注)常時開設している施設ではございません。イベント時以外は閉まっておりますのでご注意ください。

情報の発信元

ひと咲きまち咲き担当局 シティプロモーション推進部 シティプロモーション事業担当

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁北館4階

電話番号

06-6489-6385
06-6489-6017(国際交流)
ファックス
06-6489-6793
Eメール

ama-citypromotion@city.amagasaki.hyogo.jp
ama-kokusai-koryu@city.amagasaki.hyogo.jp(国際交流)

このページの先頭へ

トップページへ戻る