エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 水道・下水道 > 下水道の役割と機能 > 「ポンプ場」と「抽水場」の違いは


ここから本文です。

「ポンプ場」と「抽水場」の違いは

「ポンプ場」と「抽水場」の違いは

 尼崎市の地形は、平坦であり、地盤沈下の影響を受けて市内の3分の1が海面よりも低くなっています。そのため、雨や台風により道路や町が浸水の被害を受けやすいです。 
 現在浸水の被害を未然に防ぐため、市内に数多くの雨水対応施設を設けています。それらは、区域によって呼び名が異なります。
 公共下水道計画区域内にあり、雨水を地表近くまで揚水し、処理場へ送水する他、直接河川へ排除するためのポンプ施設のことをポンプ場と言います。
 公共下水道計画区域外(南部の工場地帯)にあり、側溝や水路で集められた雨水等を河川や海域に排除するためのポンプ施設のことを抽水場と言います。

情報の発信元

都市整備局 下水道部 施設課

〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町7丁目21番11号 栗山中継ポンプ場

電話番号
06-6427-5740
ファックス
06-6429-7439

このページの先頭へ

トップページへ戻る