エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 水道・下水道 > 下水道の役割と機能 > 下水道施設の紹介


ここから本文です。

下水道施設の紹介

尼崎市内にある各施設の位置を地図上で紹介しています。
拡大地図の各浄化センター(赤い星印)を写真などで紹介しています。

尼崎市施設地図(小)

北部浄化センター

北部浄化センターの写真

北部処理区内にある終末処理場です。
同区内に高田、西川の各中継ポンプ場があります。

処理能力 

1日に
101,800立方メートル

処理方法

標準活性汚泥法

供用開始

昭和57年10月

放流先

猪名川

東部浄化センター

東部浄化センターの写真

東部処理区内にある終末処理場です。
同区内に中在家中継ポンプ場や東部雨水ポンプ場があります。

処理能力  1日に
133,900立方メートル
処理方法 標準活性汚泥法
供用開始 昭和57年10月
放流先 左門殿川

武庫川下流浄化センター

武庫川下流浄化センターの写真

武庫川処理区内にある終末処理場です。
同区内に栗山、大庄、尾浜、富松、常松、南武の各中継ポンプ場や東難波雨水ポンプ場があります。

処理能力  1日に
164,900立方メートル
(尼崎市分)
処理方法 標準活性汚泥法
供用開始 昭和51年10月
放流先 大阪湾
詳しくは、関連情報の兵庫県のホームページ「武庫川下流流域下水道」をご覧ください。

ほかに、臨海西部処理分区の一部と原田処理区(伊丹市に委託)、庄内処理区(豊中市に委託)があります。

関連情報

情報の発信元

都市整備局 下水道部 経営企画課

〒660-0051 兵庫県尼崎市東七松町2丁目4番16号 水道局庁舎5階

電話番号
06-6489-6551
ファックス
06-6489-6559
Eメール
ama-gesui-keiki@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る