エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 水道・下水道 > 下水道の役割と機能 > どうしてきれいになるの?(下水道のしくみ)


ここから本文です。

どうしてきれいになるの?(下水道のしくみ)

 家庭や事業場などからでる下水は、道路の下に埋められた下水管に流れ込み、中継ポンプ場を通って浄化センターに送られます。
 浄化センターに集められた下水は、いくつもの施設を通り抜ける間に、きれいな水に生まれ変わり、川へ放流されます。

 下図の赤い星部分について、以下に写真などで紹介します。

下水道のしくみ

中継ポンプ場

中継ポンプ場

 下水管は汚水が自然に流れるように、かたむきをつけて地中にうめられています。下水管が長くなると地下深くになり、そうじや修理が難しくなります。そこで中継ポンプ場で汚水を地上近くまでくみ上げ、再び汚水を流します。また、大雨のときは、川や海に雨水をくみ出して、浸水を防ぎます。

沈砂池

沈砂池

 汚水の中の大きなゴミや砂を取り除きます。

ポンプ室

ポンプ室

 ポンプで汚水を最初沈殿池に送ります。大雨のときは雨水を直接川や海へ流して浸水を防ぎます。

最初沈殿池

最初沈殿池

 小さなゴミや泥を沈ませて取り除きます。底にたまった小さなゴミや泥は汚泥処理施設へ送られます。

反応タンク(エアレーションタンク)

反応タンク(エアレーションタンク)

 汚水に活性汚泥(微生物のあつまり)と空気を加えてかき混ぜます。微生物は、汚水の中の汚れを分解して、汚水をきれいにします。

最終沈殿池

最終沈殿池

 活性汚泥を沈ませて、きれいになった水と分けます。底にたまった活性汚泥のほとんどは、また反応タンクにもどします。いらなくなった余分な活性汚泥は汚泥処理施設へ送られます。

汚泥処理施設

汚泥処理施設

 最初沈殿池の底にたまったゴミや泥、いらなくなった余分な活性汚泥は、地下の送泥管を通って兵庫東スラッジセンターへ送られます。そこで、脱水・焼却したあとの灰は、大阪湾に埋立処分しています。

関連情報

情報の発信元

都市整備局 下水道部 経営企画課

〒660-0051 兵庫県尼崎市東七松町2丁目4番16号 水道局庁舎5階

電話番号
06-6489-6551
ファックス
06-6489-6559
Eメール
ama-gesui-keiki@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る