エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 水道・下水道 > 下水道施設の建設・マンホール等の維持管理 > 施設の建設


ここから本文です。

施設の建設

新設工事

下水道普及率はほぼ100%となりましたが、新たな開発事業や区画整理事業で必要となる下水道管の布設や、処理場の施設能力を高めるための工事を行っております。

土木施設の工事
下水管きょの布設、浸透トレンチ・浸透ますなどの雨水浸透施設の設置、ポンプ場や処理場の土木施設の建設工事やそれらの上部を利用した運動広場等の建設工事を行っています。

機械設備の工事

ポンプ場や処理場の機械設備などの設置工事を行っています。

電気設備の工事

ポンプ場や処理場の電気設備などの設置工事を行っています。

改築工事

ポンプ場や処理場の整備は昭和37年から順次供用を開始し、現在ではほぼ完了していますが、既に施設の老朽化がすすんでいます。そのため施設の再生が必要となりますが、膨大な費用と時間がかかるため、改築計画を立て、工事に取り組んでいます。また、単に設備を取り替えるだけではなく、維持管理コストの削減や効率的な自動運転などに取り組んでいます。

工事前
工事前

工事中
工事中

完成
完成

情報の発信元

都市整備局 下水道部 建設課

〒660-0051 兵庫県尼崎市東七松町2丁目4番16号 水道局庁舎5階

電話番号
06-6489-6562
ファックス
06-6489-6559
Eメール
ama-gesuidou-ijisokushin@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る