エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 衛生・ペット > 食の安全・安心 > 毒キノコによる食中毒にご注意ください


ここから本文です。

毒キノコによる食中毒にご注意ください

 平成26年9月20日土曜日、滋賀県内の店舗にて販売されたキノコに混入していた有毒キノコ(ツキヨタケ)を食べたことにより、嘔吐、腹痛等を発症する食中毒が発生しました。

 9月から10月は、秋の行楽シーズンを迎えるとともに、野生キノコの本格的な発生時期となっています。

 また、今年も夏の気温が高く、その後の適度な降雨と朝晩の気温の低下で、昨年同様多くのキノコの発生が考えられます。

 有毒キノコによる食中毒を防ぐために、以下のことに気をつけましょう。

  • 食用のキノコと確実に判断できないキノコは、絶対に採らない、食べない、売らない、人にあげない。
  • 科学的根拠のない誤った言い伝えや迷信による素人判断はしない。
  • キノコを食べて体調が悪くなったら、すぐに医師の診察を。

 有毒植物についての詳しい内容は、次の厚生労働省のホームページをご覧ください。

関連情報

情報の発信元

健康福祉局保健部生活衛生課(尼崎市保健所生活衛生課)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号
06-4869-3017(環境衛生担当)
06-4869-3018(食品衛生担当)
ファックス
06-4869-3049

このページの先頭へ

トップページへ戻る