エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 衛生・ペット > 食の安全・安心 > 市内に流通する食品中の放射性物質の検査結果について


ここから本文です。

市内に流通する食品中の放射性物質の検査結果について

市内に流通する食品中の放射性物質の検査結果

 尼崎市では、福島第一原発事故に伴う食品の放射性物質汚染の問題に関して、食の安全・安心の確保を図るために、市内を流通する食品を対象に、放射性物質の検査を実施しています。
 尼崎市では食品中の放射性物質について、次の「精密検査」と「簡易検査」の2種類の検査を行っています。
 

1 精密検査

      精密測定装置(ゲルマニウム半導体検出器)を使用する検査です。国が食品の検査用として規定している検査法であり、厚生労働省の登録検査機関に委託して実施しています。
  (1) 検査方法  
     「ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー」(厚生労働省通知「食品中の放射性物質の試験法について」平成24年3月15日)
  (2) 検査実施機関
       平成23年10月から平成23年12月まで      株式会社 日本食品エコロジー研究所
         平成24年1月から平成25年3月まで             株式会社 島津テクノリサーチ    
      平成25年4月から                    株式会社 日本食品エコロジー研究所
                                                                                              

2 簡易検査

   簡易測定装置(ヨウ化ナトリウムシンチレーションスペクトロメータ)を使用する検査です。食品中の放射性物質が基準値よりも確実に低いかどうかを判断するための簡易検査です。
 (1) 検査方法  
         「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」(厚生労働省事務連絡「食品中の放射性セシウムスクリーニング法の一部改正について」平成24年3月1日)
 (2) 検査実施場所
    尼崎市保健所(生活衛生課)及び地方卸売市場食品検査所
 (3) 検査機器
      ベルトールド社製 スペクトロメーターLB2045
 〔簡易検査の結果、測定値が規格基準値の50パーセントを超過した場合は精密検査を行います。〕

 

3 検査結果

 (1) 精密検査の結果 

   (注意1) 品目名の後に〔学給〕印のあるものは、公立小学校の給食食材にも使用された食品です。
 (注意2) 一般食品中の放射性セシウムの基準値は、平成24年3月までは500ベクレル/キログラム(暫定規制値)、平成24年4月からは100ベクレル/キログラム(規格基準値)です。
 

 ・ 平成24年4月から  食品中の放射性物質の規格基準値

核種

食品の種類

規格規制値

放射性セシウム 一般食品 100 ベクレル/キログラム
乳児用食品  50 ベクレル/キログラム
牛乳 50 ベクレル/キログラム
飲料水 10 ベクレル/キログラム

  ・ 平成24年3月まで  食品中の放射性物質の暫定規制値

核種

食品の種類

暫定規制値

放射性ヨウ素 牛乳・乳製品 300 ベクレル/キログラム
野菜類(根菜、芋類を除く)、魚介類 2000 ベクレル/キログラム
放射性セシウム 牛乳・乳製品 200 ベクレル/キログラム
野菜類、穀類、肉・卵・魚・その他 500 ベクレル/キログラム

 (注意3) 放射性ヨウ素はヨウ素131、放射性セシウムはセシウム134及びセシウム137の合計です。
 (注意4)  「不検出」とは、検査機器で測定できる定量下限値未満であることを示します。定量下限値は、放射性ヨウ素、放射性セシウム134及び放射性セシウム137それぞれについて1から5ベクレル/キログラムとしています。
  (注意5) 仮に、規格基準値の2分の1の50ベクレル/キログラムの放射性セシウムが検出された食品を1キログラム食べたとしても、人体への影響は成人で0.0008ミリシーベルトであり、厚生労働省が食品由来の放射性セシウムによる年間暴露量(実効線量)の上限としている年間1ミリシーベルトをはるかに下回っており、健康上の問題を過度に心配する必要はありません。
 

 (2) 簡易検査の結果

(注意1) 品目名の後に〔学給〕印のあるものは公立小学校の給食食材にも使用された食品であり、〔保給〕印のあるものは公立保育所の給食食材にも使用された食品です。
(注意2) 検査結果の「不検出」とは検出限界値未満のことです。( )内の数字が検出限界値(検出できる最小の値)で、検体により変わります。(各核種については検査機器の実測値を記載しています。)
(注意3) 食品中の放射性セシウムスクリーニング法の規定に基づき、セシウムの合計値として、測定下限値(25ベクレル/キログラム)未満である場合は、「<25」と記載します。
(注意4) 検体No.の「H」で始まるものは、尼崎市保健所(生活衛生課)で検査したもので、「K」で始まるものは、地方卸売市場食品検査所にて検査したものです。

関連情報


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

健康福祉局保健部生活衛生課(尼崎市保健所生活衛生課)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号
06-4869-3017(環境衛生担当)
06-4869-3018(食品衛生担当)
ファックス
06-4869-3049

このページの先頭へ

トップページへ戻る