エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 衛生・ペット > 食の安全・安心 > ハチミツを乳児に与えないでください


ここから本文です。

ハチミツを乳児に与えないでください

 平成29年に入り、ハチミツの摂取が原因と推定される乳児ボツリヌス症による死亡事案が発生しました。

 乳児ボツリヌス症は、1歳児未満の乳児がボツリヌス菌に汚染された食品等を摂取することで発症する疾病であり、ボツリヌス菌が乳児の腸管内で毒素を産生することにより発症します。これは、乳児の腸内細菌叢が成人と異なるために起こるものです。
 乳児ボツリヌス症の主な原因食品はハチミツであり、主な症状として便秘、筋力の低下、哺乳力の低下等があります。
 乳児ボツリヌス症の原因であるボツリヌス菌は、土壌や海、川などに広く分布しており、酸素の少ない環境を好みます。また、ボツリヌス菌は、熱に強い性質をもつため、加熱による殺菌が困難な細菌です。
 そのため、乳児ボツリヌス症の予防方法として、ボツリヌス菌に汚染される可能性がある食品を食べさせないことが重要になりますので、ハチミツを1歳未満の乳児に与えないようにしてください。

 

情報の発信元

健康福祉局保健部生活衛生課(尼崎市保健所生活衛生課)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号
06-4869-3017(環境衛生担当)
06-4869-3018(食品衛生担当)
ファックス
06-4869-3049

このページの先頭へ

トップページへ戻る