エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 衛生・ペット > 食の安全・安心 > 誤食による食中毒の発生予防について


ここから本文です。

誤食による食中毒の発生予防について

 平成27年には、高齢者の誤食が原因と考えられる食中毒死亡事例が5件発生し、過去5年では同様の食中毒が10件報告います。そのため、採取した山菜などを食べる際は注意するようにしてください。

 尼崎市においてもスイセンを誤って食べたことによる食中毒事件が、平成26年度と平成27年度に1件ずづ発生しています。

 動植物の中には、毒成分(自然毒)を持つものが数多く知られています。採取した山菜や野草、魚介類などを食べる場合、食用になると確実に判断できないものについては、食べたり、人にあげたりしないでください。また、採取した山菜や野草、魚介類などを食べて体調が悪くなった場合は、すぐに医師の診察を受けるようにしてください。

 なお、厚生労働省は、食中毒に関する動植物の自然毒について、ホームページを掲載しております。詳しくは、下記のホームページをご確認ください。

関連情報

情報の発信元

健康福祉局保健部生活衛生課(尼崎市保健所生活衛生課)

〒660-0052 兵庫県尼崎市七松町1丁目3番1-502号 フェスタ立花南館5階

電話番号
06-4869-3017(環境衛生担当)
06-4869-3018(食品衛生担当)
ファックス
06-4869-3049

このページの先頭へ

トップページへ戻る