エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 衛生・ペット > ペット > 猫の飼い主のみなさまへ


ここから本文です。

猫の飼い主のみなさまへ

はじめに

 動物愛護センターには無責任な飼い方を原因とする猫に対する苦情が多くよせられて
います。猫と人が安全で快適な生活を送ることができるよう、他人に迷惑をかけること
なく、終生愛情と責任を持って飼ってください。

人と猫の共生ガイドブック~人と猫の調和の取れた街づくりをめざして~

人と猫の共生ガイドブック

猫の適正飼養の啓発パンフレットを作成しました。このパンフレットは尼崎市動物愛護基金から作られています。
パンフレットについては、以下のPDFファイルをご覧ください。
 

なお、本パンフレットに誤りがありましたので、以下のとおり訂正いただきますよう、お願い申し上げます。
P5の下段
誤: 「マクロチップ」
正: 「マイクロチップ」
 

迷惑の防止

 当センターには、「敷地内で糞や尿をする」、「庭木を荒らす」、「毛が洗濯物につく」
等の 苦情・相談が多くよせられています。飼い主は、周辺環境に応じた適切な飼養
を行い、 他人に迷惑をかけないようにしてください。

不妊手術・去勢手術

 当センターでは、1年間に約300匹の所有者の判明しない子猫が引き取られ処分され
ています。このような不幸をこれ以上繰り返さないためにも、子猫が生まれても育てる
ことができないのであれば、不妊手術、去勢手術を受けさせてください。また、不妊手術、
去勢手術には生殖器系の病気を減少させるメリットがあります。

迷子になったり、保護したときは

 猫が迷子になったり、保護したときは動物愛護センターまでご連絡ください。
こちらに情報が入ってくる場合があります。
 また、迷子になって保護されていても飼い主がわからず帰れない猫もいます。
もしものことを考えて、連絡先等を記載した名札等を着けるようにしてください。

室内飼育

 屋外で飼育していると、他人の家の敷地に入り込んで排泄物等により迷惑をかけるおそれがあります。
 交通事故やケンカによるケガ、伝染病の感染防止の観点からも室内で飼育するようにしてください。

飼えなくなったときは

 動物は一度飼い始めたら、最後まで飼うのが飼い主の責任です。
 しかし、何らかの理由で飼い続けることができなくなった場合は、自らの責任で新たな飼い主を見つけてください。
 どうしても新たな飼い主を見つけることができなかった場合は、動物愛護センターにご相談ください。
 なお、飼い猫の引取りについては、法令の規定に則り、引取りを求める相当の事由がなければ、引取りを拒否することもありますのでご注意ください。
 (飼い猫の引取りは有料となります。また、引き取られた猫は殺処分が前提となり、返還もできません。)

生後91日以上
1匹 1700円
生後90日以内
10匹まで 1700円


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

尼崎市動物愛護センター(健康福祉局生活衛生課)

〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽4丁目1番1号

電話番号
06-6434-2233
ファックス
06-6434-2293

このページの先頭へ

トップページへ戻る