エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 衛生・ペット > ペット > 狂犬病について(過去の病気ではありません!)


ここから本文です。

狂犬病について(過去の病気ではありません!)

病気の特徴、症状について

 平均30日の潜伏期間の後発症。初期はかぜに似た症状で、かまれた部位に知覚
異常が見られます。不安感、恐水症、興奮、麻痺、錯乱などの神経症状が現れ、数日
後に呼吸麻痺で死亡に至ります。発症すれば100%助かりません。
2006年11月に2名の男性がフィリピンで犬に咬まれ、帰国後狂犬病を発症しました。

感染経路、感染状況

 感染した犬、アライグマ、キツネ、コウモリなどにかまれたりして、動物のだ液中の
ウィルスが体内に侵入します。日本では1957年以降発生していませんが、アジア・
アメリカ・ヨーロッパなどの外国では、今でも発生があり、世界で年間3~5万
人が死亡しています。

 狂犬病ウイルスが存在しないとされる、いわゆる狂犬病清浄国は、日本、
イギリス、オーストラリアなど、世界で数か国を数えるだけです。

予防

 日本では狂犬病予防法により、飼い犬の登録(飼い始めた時に1回)および
年1回のワクチンの予防接種が義務付けられています。
なるべく多くの犬が
ワクチンの予防接種を受けておくことで、万が一狂犬病が日本に上陸した際、犬に
流行が起こることを未然に防ぐことができます。

 隣国の中国、ロシア、韓国などでも狂犬病による死者が発生しており、いつ
日本にウイルスが入ってきてもおかしくない状況にあります。万一に備え、
必ず飼い犬の登録を済ませ、年1回ワクチンの予防接種を受けましょう!

情報の発信元

尼崎市動物愛護センター(健康福祉局生活衛生課)

〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽4丁目1番1号

電話番号
06-6434-2233
ファックス
06-6434-2293

このページの先頭へ

トップページへ戻る