エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 衛生・ペット > ペット > 動物愛護基金への寄付を募ります。


ここから本文です。

動物愛護基金への寄付を募ります。

 尼崎市は、平成23年3月に「尼崎市における動物愛護管理行政のあり方検討会議」から、今後の動物愛護管理行政のあるべき姿について提言をいただきました。

 現在、提言を踏まえた施策の推進に取り組んでいるところでありますが、この取り組みの更なる推進に協力したいという皆さまの想いを最大限に生かすことができるよう、平成24年4月から動物の愛護及び管理を目的とした寄付金の受付を始め、さらに11月から「動物愛護基金」を設置することとなりました。

 皆さまには本制度の趣旨をご理解いただくとともに、ご協力をお願いします。

 

1 寄付金の使途

 皆さまから頂いた寄付金は、「野良猫の不妊手術費用の助成」や、「犬・猫の適正飼養に係る普及啓発の取り組み」、「犬・猫の殺処分数ゼロを目指すための取り組み」などに使わせていただきます。

2 寄付金の受入実績

 平成24年度は、市内及び市外の皆さまから133件の申し込みがあり、計644万9千円の寄附を頂きました。
 平成25年度は、市内及び市外の皆さまから66件の申し込みがあり、計183万4千500円の寄附を頂きました。
 平成26年度は、市内及び市外の皆さまから104件の申し込みがあり、計1321万500円の寄附を頂きました。
 

3 寄付金の活用実績

 平成24年度は、「野良猫の不妊手術費用の助成」に70万円を支出しました。
 平成25年度は、「野良猫の不妊手術費用の助成」に100万円、「動物愛護基金PRパンフレットの作成」に8万4千円、「動物愛護基金PRポケットティッシュの購入」に1万6千747円、「犬猫の適正飼養啓発パンフレットの作成」に11万7千600円、「収容犬のトリミング」に6千円を支出しました。
  平成26年度は、「野良猫の不妊手術費用の助成」に97万円、「動物愛護基金PRポケットティッシュの購入」に3万4千560円、「収容犬のトリミング」に4千円を支出しました。

 

4 寄付の手続き

 寄付の申し込みは、「金品寄付による申込」若しくは「ふるさと納税による申込」のいずれかの方法で行なっていただくこととなります。「動物愛護基金」の主旨や寄付の具体的な手続き方法等についてご説明させていただきますので、事前に動物愛護センターまでお問い合わせ下さい。
(1) 金品寄付による申込
  金品寄付用の「寄付申込書」に必要事項をご記入のうえ、動物愛護センターまで郵送若しくはファックスしてください。後ほど、こちらから「納入通知書」を郵送させていただきます。「寄付申込書」については、ダウンロードすることができるほか、郵送もいたしますので、動物愛護センターまでご連絡ください。また、寄付をいただいた方で希望される方には、一定の要件のもと感謝状の贈与及び顕彰(市報・ホームページへの掲載)を行なっております。
(2) ふるさと納税による申込
  ふるさと納税用の「寄附金申込書」に必要事項をご記入のうえ、動物愛護センターまで郵送若しくはファックスしてください。後ほど、こちらから「納入通知書」を郵送させていただきます。「寄附金申込書」については、ダウンロードすることができるほか、郵送もいたしますので、動物愛護センターまでご連絡ください。また、ふるさと納税による寄付を行なった場合、一定の要件のもと記念品をもらうことができます。詳しくは、ふるさと納税「あまがさき“未来へつなぐまちづくり”応援寄附金」をご覧ください。

5 寄付金控除

 本市への寄付金については、確定申告等を行なっていただくことにより、一定の限度まで所得税と個人住民税の寄附金控除の適用を受けることができます。

 詳しくは、総務省ホームページ「ふるさと納税など個人住民税の寄附金税制」をご覧ください。

関連情報

情報の発信元

尼崎市動物愛護センター(健康福祉局生活衛生課)

〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽4丁目1番1号

電話番号
06-6434-2233
ファックス
06-6434-2293

このページの先頭へ

トップページへ戻る