エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 衛生・ペット > ペット > 突然の災害に備えましょう


ここから本文です。

突然の災害に備えましょう

 大規模な災害が発生した場合、人と同じように動物も被災します。その場合、避難場所には多くの方がペットと一緒に避難をすることになりますが、避難場所には動物の嫌いな方や動物の毛などに対してアレルギーのある方もいます。 そのためにも、日ごろから災害に備えて、ペットの安全と健康を守るとともに、他の避難者の迷惑とならないように努める必要があります。

備蓄品の準備

 ライフラインの寸断や緊急避難に備えて、ペットの避難に必要な物資の備蓄を行いましょう。避難場所に救援物資が届くまで時間がかかる場合もありますので、エサや飲み水は少なくとも5日分(できれば7日分)用意しておきましょう。また、備蓄品には優先順位をつけて、優先度の高いものを直ぐに持ち出せるようにしておきましょう。

ペットのための備蓄品の例

  • エサと水(できれば7日分)、食器
  • 予備の首輪やリード(引き綱)
  • キャリーバックや簡易ケージ
  • 排泄物の処理用具やペットシーツ
  • ペットの写真(携帯電話に画像を保存することも有効です)
  • ワクチン接種状況、既往症、健康状態、動物病院などの情報

 

しつけと健康管理

 突然の災害時に、飼い主とペットが落ち着いて避難できるように、普段からキャリーバックやケージ内で過ごすことに慣らしておくことや、他人への迷惑を防止するため、基本的なしつけをしておくことが大切です。避難場所では環境の変化によるストレスで免疫力が低下することから、普段からペットの健康管理に注意し、予防接種やノミなどの外部寄生虫の駆除などもしっかり行っておきましょう。

迷子にしないために

 災害発生時にはペットと離れ離れになることもあります。保護されたペットが飼い主の元に戻れるように、迷子札などを普段からつけておきましょう。できれば脱落の危険性が無く、確実な身分証明となるマイクロチップを装着するようにしましょう。

情報の発信元

尼崎市動物愛護センター(健康福祉局生活衛生課)

〒661-0047 兵庫県尼崎市西昆陽4丁目1番1号

電話番号
06-6434-2233
ファックス
06-6434-2293

このページの先頭へ

トップページへ戻る