エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > 衛生・ペット > 衛生研究所 > おもしろ科学実験の紹介


ここから本文です。

おもしろ科学実験の紹介

おもしろ実験

子ども宿題研究所などで体験していただいている、おもしろ科学実験を紹介します。

紫キャベツの色変わり実験

紫キャベツの色変わり実験

サラダの紫キャベツにレモン汁を掛けるとピンク色に変化します。これは紫キャベツに含まれるアントシアン色素がレモンと反応したため。この色素は、酸性やアルカリ性の成分に触れると赤や青や緑に色が変わるんです。
その性質を利用して、身の回りの食品や日用品を、カラフルな実験で楽しく調べます。
何がどんな色になるのかは、当日のお楽しみ!
虹のように色が変わる実験にワクワクしますよ。

水性ペンの色を分けよう

花クロマト

絵の具の青と白を混ぜて水色を作るように、水性ペンの各色もいろんな色のインクが混ざって作られています。(製品によって異なります)
そんな水性ペンの色を、紙と水を使って、混ぜる前の色にバラバラに分けちゃいます。時間を逆戻りする魔法のように、インクがゆっくり分かれていく様子を、自分の目で見てみよう!
この実験原理を利用して、花模様のしおりも作ります。世界にひとつしかないオリジナル模様のしおりができますよ。

七色いくらを作ろう

七色いくら

絵の具で色付けしたカラフルな人工いくらを作ります。
材料は、昆布などのネバネバ成分アルギン酸ナトリウムと、豆腐のにがりなどに含まれる塩化カルシウム。
粘土細工のように小さく丸めたりせずに、一瞬の化学反応で粒々ができちゃいます。
どうやって作るかは・・・当日のお楽しみ!
次々と出来るいくらの粒に夢中になること間違いなし!
ただし絵の具入りなので食べられませんのでご注意を。

入浴剤を作ろう

入浴剤

お風呂に入れるとシュワシュワ~と泡が出て、いい香りがする入浴剤を手作りします。
あのシュワシュワ~は材料の粉の性質と作り方(固め方)がポイントなんです。
小麦粉ならバターや卵と混ぜて加熱するとクッキーの形に固まるけど、入浴剤は材料の粉をどうやって固めて形にするのかな?なぜお風呂に入れるとシュワシュワ~ってなるのかな?
答えは当日のお楽しみ!ぜひ作ってみてね!

スライム

スライム

ぷるぷるぷよぷよの、あの独特の手触りのスライムの材料は、ずばり、水のりとホウ砂。
これを混ぜると、水のりの主成分ポリビニルアルコールがホウ砂と反応して長い炭素鎖が結合する架橋反応が起こってできた網目構造に水分子が入り込んで・・・って言葉で言ったら難しすぎて頭が痛くなるような化学反応を、トロトロの水のりが手でつかめるスライムに固まる感触として感じる、まさに化学反応を体で感じる体感実験です。
スライムに秘密の液体をポトリと落とすと・・・!それも当日の実験で体感してね。

浮沈子

浮沈子

浮力の原理を利用した科学工作です。
シンプルな作りに反して、うまく浮き沈みさせるにはかなりのコツが必要な浮沈子。
その原理は、潜水艦の浮き沈みにも使われているというから奥が深い。
そんな浮沈子の作り方を、衛生研究所の浮沈子作り名人が伝授します!

発酵食品の菌を見よう

発酵食品の菌を見よう

菌=バイキンではありません!
ひとの生活になくてはならない菌もたくさんいます。
味噌もしょうゆもヨーグルトもパンも、菌のちからを借りておいしく作ります。
目では見えない小さな世界を、ちょっとのぞいてみませんか?

手洗い実験

手洗い実験

「食べる前に手を洗いましょう」、「帰宅したら手洗い、うがいをしっかりしましょう」。健康な生活に、手洗いはとっても大事。
でも、ちょっと待って。あなたの手洗いは完璧ですか?汚れは残っていませんか?・・・ん?大丈夫?では、テスター液(手洗いチェッカー)で調べてみましょう!
正しい手洗いの仕方も楽しくレクチャーします!

情報の発信元

尼崎市立衛生研究所(健康福祉局衛生研究所)

〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町4丁目4番8号 ハーティ21 5階

電話番号
06-6426-6355
ファックス
06-6428-2566

このページの先頭へ

トップページへ戻る