エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

メニュー


現在位置:ホーム > はたらく・人権・男女共同参画 > 人権 > 人権問題講演会 > 人権問題講演会


ここから本文です。

人権問題講演会

中央地区ふれあい講演会「災害から自分と家族の命・生活を守るために」を開催します

講師の写真

 本市の人権啓発を進め、一人ひとりが真に尊重される社会の実現のため、中央地区ふれあい講演会を開催します。

 ぜひご参加ください。 

日時 平成29年12月12日火曜日 午後2時から4時まで

場所 尼崎市立中央公民館 小ホール

テーマ  「災害から自分と家族の命・生活を守るために」

講師 紅谷昇平さん(兵庫県立大学大学院准教授)

定員 先着80名

申込方法 11月7日から12月7日まで 電話で尼崎市コールセンターへ(電話06-6375-5639)

       ファックスの場合、尼崎人権啓発協会へ(ファックス番号06-6489-6818)

手話通訳があります。

(終了しました)障害者の人権をテーマとした講演会

公益社団法人尼崎人権啓発協会の通常総会記念講演会として、障害者の人権をテーマとした講演会が開催されます。

どなたも参加できますので、参加を希望される方はお申し込みください。

日時 平成29年5月29日月曜日 午後2時20分から3時30分まで

場所 尼崎市立中央公民館3階大ホール

テーマ 「差別、優生思想のない社会を願って」~差別解消法や相模原事件から見えてきたもの~

講師 野橋順子さん(特定非営利活動法人 生活支援研究会 理事長)

定員 先着30名(要申込)

申込方法 5月24日までにお名前を電話かファックスで連絡してください。

申込先 公益社団法人尼崎人権啓発協会(電話06-6375-5639、ファックス06-6489-6818)

その他 手話通訳、要約筆記あり

(終了しました)園田地区きずな講演会「障害者が自分らしい暮らしを実現するために」

平成28年4月1日から障害者差別解消法が施行されました。

この法律は、誰もが互いに人格と個性を尊重し合う共生社会の実現を目的としています。

障害とは何か。不当な差別的取扱い、合理的配慮とは何か・・・。

市からの受託により、公益社団法人尼崎人権啓発協会が講演会を開催します。

皆さん一緒に学び、考えましょう。

日時 平成29年3月10日金曜日 午後2時から4時まで

場所 尼崎市立園田公民館2階ホール

テーマ 「障害者が自分らしい暮らしを実現するために」~障害者差別解消法の意味を考える~

講師 三田優子さん(大阪府立大学 地域保健学域 教育福祉学類准教授)

定員 先着80名(要申込)

申込方法 2月7日から3月6日まで 電話で尼崎市コールセンターへ(電話06-6375-5639)

ファックスの場合、名前とファックス番号を書いて尼崎人権啓発協会へ(ファックス番号06-6489-6818)

手話通訳があります。

(終了しました)平成28年度中央地区ふれあい講演会

桜井顔

 

 本市の人権啓発を進め、一人ひとりが真に尊重される社会の実現のため、中央地区ふれあい講演会を開催します。

 今回は、さくらいクリニック院長で、阪神ホームホスピスを考える会の代表などを務め、「大往生なんか、せんでもええやん!」などの著書でも知られる桜井隆さんを講師としてお迎えします。

 ぜひご参加ください。

 

日時 平成28年12月15日木曜日 午後2時から4時まで

場所 尼崎市立中央公民館 小ホール

テーマ  「大往生なんか、せんでもええやん!」

講師 桜井隆さん(さくらいクリニック院長)

定員 先着80名

申込方法 11月8日から12月8日まで 電話で尼崎市コールセンターへ(電話06-6375-5639)

       ファックスの場合、尼崎人権啓発協会へ(ファックス番号06-6489-6818)

手話通訳があります。

(終了しました)平成27年度園田地区人権問題講演会

 本市のアンケートで「今後、力を入れて欲しい高齢者対策」を聴いたところ、「高齢者を介護している家庭に対する支援」が第1位でした。

 今回、平成16年から介護者・専門職だけでなく様々な人が「まじくる」つどい場「さくらちゃん」を開設し、家族の介護に頑張っている人を支援する取組みを行い、関西介護界のゴッドマザーと呼ばれ、「心がすっと軽くなる ボケた家族の愛し方」、「ばあちゃん、介護施設を間違えたらもっとボケるで!」等の著書でも知られる丸尾多重子さんを講師に迎え、講演会を開催します。

 ぜひご参加ください。

  日時   平成28年3月3日木曜日 午後2時から4時まで

  場所   尼崎市立園田公民館 ホール

  テーマ  「笑顔で介護、介護で笑顔!」 大切な人が住み慣れた家、地域で暮らし続けるために

  講師   丸尾多重子さん(特定非営利活動法人つどい場さくらちゃん理事長)

  定員   先着80名

  申込方法  2月4日から29日まで 電話で尼崎市コールセンターへ(電話06-6375-5639)

          または、ファックスで尼崎人権啓発協会へ(ファックス番号06-6489-6818)

  手話通訳があります。

(終了しました)平成27年度中央地区人権問題講演会

 平成26年度に全国の児童相談所が対応した児童虐待数は、前年度に比べ約2割増加し、約8万9千件でした。虐待により子どもたちの尊い生命が失われる事件は跡を絶ちません。

 本年度の中央地区人権問題講演会は、子どもの頃、親の虐待により何度も命を落としかけた体験を持つ講師を迎え、児童虐待防止をテーマに開催します。

 児童虐待をなくすためには、大人はどうしたらよいのか、地域は何をしたらよいのかを共に考えたいと思います。

 ぜひご参加ください。

   日時   12月14日月曜日 午後2時~4時

   場所   尼崎市立中央公民館 3階小ホール

   テーマ  「子ども虐待をなくすために」

   講師   島田 妙子さん(一般財団法人児童虐待防止機構理事長)

   申込   12月4日までに尼崎市コールセンターへ(06-6375-5639)

         聴覚障がい者の方でファックスでの申込は、尼崎人権啓発協会へ(06-6489-6818)

   先着   80名

   手話通訳があります。


【プラグイン等のダウンロードについて】
PDFファイルをご覧頂くには、Adobe Readerの無償ダウンロード (新しい画面が開きます)とインストールが必要です。

情報の発信元

市民協働局 ダイバーシティ推進課

〒660-8501 兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号 本庁中館7階

電話番号
06-6489-6658
ファックス
06-6489-6661
Eメール
ama-jinken@city.amagasaki.hyogo.jp
ama-danjo@city.amagasaki.hyogo.jp

このページの先頭へ

トップページへ戻る